SRX400売却、そしてKawasaki ER-6n購入


自力で治して、車検を通したSRX400。
念願のキャンプツーリングを終えたあと、売却することにした。
動かなくなっていたバイクを動くようにするにはいろいろとたいへんで、
その過程で愛着もあったけど、気持ちは既にほかに動いていた。

SRX400をオークションで売ったその日に、静岡のカワサキショップに行き、
2009年モデルの走行距離が少ない、Kawasaki ER-6nを購入した。

このバイクに決めるまで、いろいろと候補に挙がった。
SRX400で単気筒の振動の多さに辟易していたため、次のバイクは
単気筒以外、4気筒以下、ということで、必然的にツインかV型になった。
(トライアンフは外車ということもあって、このときは眼中になかった)

2気筒エンジンなら何でも良いわけではなく、デザインが凡庸のものはだめ。
ホンダのVTR250やスズキのSVとかのデザインにはまったく興味がなかった。
で、僕が目を付けたのは、Yamaha BT-01。

近場のバイク屋には在庫がなかったので、赤男爵で探してもらい、ちょっと離れた店舗に
在庫があるのを教えてもらい、実車を観にいった。
おいてあったBT-01は程度がよくなかったが、お店の好意でエンジンをかけてもらった。
低音がずしりとして、ノーマルのマフラーでも十分貫禄があるものだったが、いかんせん、
重すぎ。

で、たまたま横に置いてあった、kawasaki ER-6nが気になり、またまた好意でエンジンをかけて
もらったら、意外といい音を奏でた。
660ccということもあり、重量も軽く、取り回しも楽そうだったので、早速見積りをもらってその場を後にした。

家に帰って、ネットで相場を調べると、平均よりかなり高い値段を提示してきたみたいで、
もちろん丁重にお断りした。
それからいろいろとネットで調べ、静岡のカワサキショップに在庫があるのを確認し、
購入に至ったわけである。

いざ乗ってみて、そつなく出来てるバイクだなぁとつくづく感じた。
パラツインと言われる並列2気筒のため、車体はスリムで車重も軽い。
乗車姿勢は前傾がきつくなく、どちらかというとスタンディングポジションのよう。
それでいて足付きも悪くなく、回せば660cc 70HPは十分にパワフルだった。

納車されてすぐ、僕は和歌山へキャンプツーリングに出かけた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中