四国中国ツーリング~ Capitolo Finale ~ with Honda SL230


2011年1月1日 晴れ 気温0度

朝起きてみたら、昨夜の悪寒はだいぶ弱まっていた。よかった。
いつものように、パンとエスプレッソの朝食を済ましてチェックアウト。

今日は琴平から高松に戻って、フェリーで岡山まで行くルート。

元旦でもちゃんと営業しているのもすごいし、お客さんも写真では僕以外
いないように見えるが、あとからたくさん乗船してきたのも驚きだった。

なんと、フェリー内に浴室があった。
使う人はいるのだろうか。

船内の広さは伊良湖、伊勢間フェリーと同じぐらいだろうか。

そうこうしてるうちに、玉野へむかってフェリーは出港した。

初めてみる瀬戸の島々と海。なんだか島が多いなぁ、ってつまらないことで
感動していた。

これはその島々の一つ。鬼が島。
そう、桃太郎の話で出てくる島はこれだと、この辺の伝説になっている
みたい。本当かどうかは今となっては分からないね。

そんな感じでフェリー旅をしていたら、そろそろ岡山に着く時間になった。

無事に岡山に到着。

さて岡山に着いたはいいものの、そこから先の予定は何も考えていなかった。
とりあえず東に向かおうか。

途中、姫路城に行ってみたが、天守閣から下もずっぽり改修中だった。。。

姫路から高速に乗って浜松に帰ることにしたが、
京都を過ぎたあたりで急に寒くなり、このままだと新年早々、
本当に風邪をひきそうになったので、途中の多賀SA内にある、
レストハウスで一泊することにした。

シングルルームは4900円。
部屋は狭いが奇麗でとても快適だった。
昨夜のホテルの部屋が寒かったのと、旅の疲れが溜まっていたのか、
この日も早くから横になった。

翌1月2日

いつもより遅く、午前10時頃にチェックアウトして、多賀SAを見てみると、
意外に積雪があったことに驚いた。

高速だから走行車線にこそ、雪はなかったが、一般道の方はたぶんかなりの
積雪だったに違いない。

それにしても、体が重い。昨夜の早くから寝てもカラダの疲れが取りきれて
いないみたいだ。重いカラダを引きずって、とりあえず東に向かう。

。。。

やっぱり疲れていて、判断力が鈍っていたようだ。
いつも休日は渋滞する高速。
渋滞中の車列にぼぅーとしてしまい、
追突事故を起こしてしまった。

転倒したあと眩暈がすこししたものの、幸い身体は無事だったが、
SL230はクラッチレバーが折れてしまった。

やはりもう年なのだろうか。。。

バイクと僕。


いつからバイクと付き合っていたんだろう。
ふと、そんなことを考えた。

生まれて初めてバイクに跨ったのは、たぶん5歳ぐらいだろうか、
おやじが運転するXRのようなオフロードバイクのハンドルとガソリンタンクの間に座った記憶がいまでもある。

それから何十年。
大学を卒業して、東京で定職に就かずぶらぶらしていた頃、
その当時収入がよかったバイク便をやろうと思った。
でもバイクも免許もない。
急いで教習所に通って中型免許を取って、バイクは車関係の知り合いからやすく譲ってもらった。
バイクはスズキのRA125.


そう、2ストのオフロード。
この当時でさえ、かなり古い部類に入るバイクで、尚且つ、2ストで日々走り回る
仕事は向かないかな、と思っていたところ、やはり案の定、勤務中に動かなくなってしまった。

早急に新しいバイクを見つけないと仕事が出来ないため、なぜだかホンダのAX-1を購入した。


これもオフロードタイプというか、当時流行り?のデュアルパーパスを言われる、
オンオフ両方走れるようにしてあったバイクだった。
都内の道は狭く、車の間をすり抜けるにはちょうど良いバイクだった。
車道ぎりぎりによっても、ステップが歩道の縁石に当たらないのも、このタイプのバイクを買った理由だったろう。

その後バイク便はあまりにも危険だったので辞めてしまい、
今後の人生のこともあり田舎に戻ることにした。

引越し業者に無理を言って2トントラックに便乗して運んでもらったAXー1。
しばらくは、田舎の道をとことこ探索しながら走る道具に使っていたが、
自宅のバイクのスペース関係で手放した。

しばらくバイク無しの生活を送っていたが、やはりどうしても乗りたくなって、
オークションで以前から気になっていたヤマハのSRX400を購入した。

が、購入した初期型のSRX400は安いなりにガタガタでどうしようもなかった。
なので、すぐさま売却し、程度の良い後期型のものを販売店から購入した。

SRX400は購入してすぐに、スーパートラップを付けた。が、
とても煩くなってしまい、その後仕事が忙しくなったのもあって、
ほとんど乗らなくなってしまった

乗らなくなってから6年経過、海外から日本に帰ってきて、自分の乗り物が無いことに気が付き、直して乗ることを決意。
いろいろ直している間に、バイクに乗りたい衝動が大きくなり、
不動車だったSRX400をなんとか車検を通して、まっとうに動かすようにした後、オークションで売却。

欲しいバイクが660CCで、なおかつ大型免許が教習所で取得できると知り、不惑の年であったが教習所に通うことに。

免許取得後に購入したのが、カワサキ ER-6n

初めての大型そして、初めての単気筒以外のバイクで、とても乗りやすかった。
しかしなにか自分の求めているところと違うような感じがした。
購入して2000キロぐらい走行したとき、ふと寄ってみたドゥカティのお店で
モンスター796の下取りとして売却してしまった。

そして今乗っているのが、このドゥカティ モンスター796。

でも、もっといろんなところに走りにいきたいと思い、ホンダのSL230も購入。

そして現在に至るわけである。