信州&北陸キャンプツーリング 2 〜 with Honda SL230 〜


ツーリング二日目。

今日は、伊那市から塩尻に向かい、安曇野で友人に逢う予定。

安曇野へは、R153、19号で行ったのが間違いだった。
塩尻市内はすごい渋滞。
後から知ったのだが、「南アルプスサラダ街道」というのが、この国道の
西に平行して走っていて、そっちの道の方が走り易いらしい。
次回は是非走ってみたいもの。

で、安曇野に着いて、友人に電話したら、今は長野で仕事をしているので
安曇野にはいないらしい。。。まぁ、なんと。
せっかくここまで来たので、R19号を北上して、長野に向かうことにする。
R19号は、松本を過ぎたあたりから、交通量が少なくなり、ほどよいカーブが
続くワインディングになっており、とても走り易かった。

安曇野から長野まで約1時間30分。
久しぶりに逢う友人と戸隠そばを頂きながら、しばし談笑の時間。
お土産に川中島の桃を貰い、再会を誓って、一路、糸魚川を目指す。

このとき既に時間は午後3時。
今日のキャンプ予定地は、糸魚川の不動滝キャンプ場。
暗くなる前になんとか到着しなくては。

日が落ちてまだすこし明るい内に、キャンプ場に着いた。
既に家族連れが三組。ソロバイクキャンパーが一人、キャンプを
張っていた。意外と盛況じゃない?
夕闇前にテントを張って、なおかつ、温泉にも入りに行きたかったので、
写真はとらずに、即温泉へ。

向かった温泉は姫川温泉の『ホテル白馬荘』
ホテル外観の写真もとり忘れてしまったが、
湯船はなんとか写真に納めてきました。

姫川温泉には初めていきましたが、国道から脇道に入り、すこし走ると、小さな
温泉街があります。
このホテルの入り口あたりには、源泉から湧き出たと思われる温泉が
垂れ流しており、硫黄の匂いが立ちこめています。

肝心のホテル白馬荘は、見た目も、中に入った感じも、かなり鄙びた温泉宿。
ホテルといっても、昭和の匂いがぷんぷん漂っている、いい意味でレトロな感じ。

受付けのおじさん?に日帰り風呂に入りたい旨話しをすると、快く承諾して
頂きました。ちなみに料金は確か500円。安いですねー。
しかし、この時期、露天風呂にはアブが大量にいるとのことで、
内風呂だけに入ることにしました。

夕方の6時前後にも関わらず、先客がまったくいない。
もしかしたら、部屋食中?

湯船からは硫黄の匂いが漂っています。
湯の色は無色。源泉から引かれているところは飲泉できます。
飲んでみましたが、塩辛いのに、硫黄成分が入っているせいか、
マイルド。
しかし、お湯の温度は半端なく、熱いです。
草津も熱かったが、それに匹敵するぐらい熱いので、
浸かっていられるのは1分ぐらいが限度。
なので湯船の端でまったりして、またすこしだけ
入る、の繰り返し。
ここの温泉はひじょうに力があって、ガツンと来ます。
どちらかというと、真夏よりも、真冬に入ったほうが、いいと思う。

このホテル、全体的に、レトロな感じがするが、悪く言えば、
施設の老朽化が進んでおり、施設を改修する余裕がないのだろうか。
いい温泉だけに、なんとか営業をこれからも続けて欲しい。

温泉に入ったあと、
日がどっぷり暮れて、街路灯がまったくない、
ほとんど獣道化した山道をまた戻って、キャンプ場に。
昼間逢った友人から貰った川中島の桃とプルーンで簡単な夕食を。
そのあとはエスプレッソにブランデーを入れて、早々と床についた。
三日目に続く。。。

追伸:
1、このキャンプ場は、半端じゃないぐらいアブがいますので、
真夏のキャンプは要注意です。
2、グーグルアースでは、R148号からしか行けないように表示されますが、
糸魚川の大谷内地域からも河川沿いで行けます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中