知られざる絶景林道!!霧山林道他


相変わらずの林道探索の前回の続きです。

「扇山林道」を走り終えて、「霧山林道」に向かう途中、
なにやら林道らしき道があったので、ちょっと寄ってみることに
しました。

道ばたに朽ち果てている林道表示板には、
「甚古山林道」との表記がありました。

初めは舗装路でしたが、

荒れたダートの道に変わっていき、

クレパスが顔を出してきました。

案の定、嵌ってしまいました。
ライン取りの間違いが原因。でも、クレパス沿いに走行したら、
崖下に転落してしまう可能性もあったので、まぁ、しょうがありません。
なんとかして脱出して、

振り返りました。
景色が奇麗だけど、やっぱり怖いですね。
暫く走ると、

チェーンが掛かって、通り抜け出来ませんでした。
轍がしっかり残っているので行けそうな感じですが、
やはり、ソロなのでやめておきます。
怖々、荒れた道を逆戻りして、県道に出て、浜松方面に
向かいます。

ちょっと走った左に脇道があったので、登ってみることに
しました。

コンクリートの簡易舗装ですが、なんとも薄暗い道。
どこかに抜けれるのだろうか?

抜けれそうにはありませんでした。。。
しくしく、また県道に戻ります。

途中、いろいろ探索していたら、新東名のすぐ傍に出てきました。
休みなのに、急ピッチで建設が進んでいる感じ。
開通が楽しみですね。

県道に戻って、目的の霧山林道に向かいます。

前回、走った道から左に分かれていた道を今回走行します。

初めの三叉路。
まずここを林野庁の看板がある左方面に曲がります。

まぁまぁの道路状況です。

道は奇麗ですが、ほとんど車両が通っていないような感じです。

深い排水用の溝がここにも掘られていました。

暫く走ると、民家が見えてきます。

左に降りる道がありましたが、このまま直進してみます。

左に分岐する道があり、納屋のようなものが建てられています。
ここも道なりに右に緩やかに曲がります。
すこし走ると右に脇道が現れます。

「野外活動センター」と書かれています。
いったい何をするところなのか分かりませんが、そのまま
直進します。すると、通行止めバーが道を塞いでいます。

ポールの横の開いているスペースに、バイクらしきものが
通過したタイヤ跡が。。。

緩やかな下り坂が続いたあと、

またまた、「野外活動センター」の道案内があります。
ここまであると、そっちに行け!という、心理的な脅迫を伴います。
ストレスには弱いので、そちらに行ってみることにしました。

道はかなり荒れています。

得体の知れないものが路上に転がっています。

本当にこの先に「野外活動センター」なるものがあるのか、
疑問になるほど、道は荒れ果てています。

道が湿田地帯のようで、通過するにもハンドルが取られて非常に危険。

行き止まりです。
ここが「野外活動センター」でしょうか??
その先には登山道らしき、人一人が通れそうな道がありますが、

バイクではちょっと無理っぽいので、元の道に引き返します。
と、バイクを方向転回しようと思ったら、

カニ君がいました。
どうしてこんなところに?
踏み潰さないようにゆっくりバイクを動かします。が、
残念なことになってしまいました。。。

本線に合流して、下っていくと、

だんだん景色が開けてきて、

いきなり、大パノラマが!!
そう、展望台があったのです。
いやー、ほんとうに360度近く見渡せる、素晴らしい景色です。

怪しい人影が写真に憑依しています。

今下ってきた道を展望台から撮影。
ここは写真のとおり、木製の簡易ベンチもあり、休憩や昼食を食べるに
持ってこいの場所でした。
それまでの湿った陰気臭い風景とは大違いで、これだけでも、
この林道を走る意義があるかもしれません。

休憩しながらふと足下を観てみると、
新品のブーツがどろんこまみれに!

休憩後、さらに道を下っていきます。

先ほどまでと違って、明るい感じになってきました。
道幅も相変わらず広く、走り易かったです。
しばらく下ってゆくと、三叉路があります。

左に曲がると登り道があり、どうやら、さっき通過した民家方面に
抜ける感じがします。
道沿いには、獣用の罠が仕掛けてありますので、要注意!

そこからまた下っていくと、

終点でした。お疲れさまでした。

反対側から。

ここから小さな橋を渡ると、すぐ前に県道359号が走っていました。
ここからまた更に、前回霧山頂上付近で見た、林道表示板のところまで
戻ります。

先ほど、林野庁の看板を左に曲がりましたが、今度は霧山頂上を目指して、
そこを直進します。

前回走ったときは、あまり意識しなかったのですが、
再度走ってみると、結構路面が荒れていました。

記憶以上に勾配もきつく、路面も荒れています。
人間の記憶、というか、自分の記憶力のなさにすこしがっかり
しました。

前回通った、「林道 霧山線」の起点表示ポイントに着きました。
ここから更に登っていきます。

真っすぐいくと、前回行った霧山の頂上付近なので、
今回は、「川名の道」方面へ行ってみます。

なんだか、またヤバそうな雰囲気です。

ほんとうに、ヤバいですね。

でも、もうちょっと進んでみます。

道がなくなり、表示もなくなりました。
登山道らしきものが下に続いていましたが、やめておきました。

で、結論ですが、林道起点箇所から下っていき、途中の三叉路を右にまがり、
そして県道359号付近の出口までが「林道霧山線」のようです。

  霧山林道 約8キロ

また、「野外活動センター」というのは、近くの施設、「かわな野外活動センター」
のことを指していることが分かりました。
林道をところどころ通行止めにしているのも、
この野外活動センター内のプログラムで、ウォークラリーがあり、
今回走った霧山近辺もそのルートに入っていることが分かりました。

そういうわけなので、今後は関係者の方々にご迷惑をかけないようにして、
走行したいと思います。みなさまもご注意くださいませ。

今後の林道探索は、前回行った城山、浅間山周辺の林道を更に探索するのと、
天竜、佐久間地域、そしてついに、
静岡中部地域の巨大林道群を探索していきたいと思います。
乞うご期待!?

<<GPSトリガーソフト検証>>
前回から、ドコモのHT-03AにGPSトリガーソフトを入れて、
走行ルートを記録することにしました。
が、GPS電波を拾うのがなかなか安定せず、ところどころ、
走行ルートが記録出来なかった箇所がありました。

今回使ったソフトは「My Track」ですが、

もう二つ、「Yamatabi Logger」と「GPS Logger」というソフトをインスツゥール
してあるので、次回三つ取り混ぜて試してみたいと思います。

それにしても、このHT-03Aですが、
クロックアップして、周波数を最大にしないと、
動作が遅くてまともに動かなくなってきました。
でもそうすると電池切れになる時間が非常に早くなり、
しかもなぜかグーグルマップを使っていると、
ソフトの強制終了→本体の強制再起動というパターンが
常習化しつつあります。

湯たんぽ代わりになるので、
これからの季節には丁度良いという話もありますが、
やはり、そろそろ乗り換え時期なのでしょうか。
幸いに、最近のスマートフォンではテザリング機能が
デフォルトになりつつあるので、そろそろ新しい機種に
印籠を渡す時期かもしれませんね。

広告

“知られざる絶景林道!!霧山林道他” への 3 件のフィードバック

  1. こんばんわ。
    昨年秋からはじめられたんですね。
    その前からの車歴からしても、ある程度オンロードでならされた方は
    容易に(?)オフロードに入っていけるのではないでしょうか。
    自分はオンもまだまだまだで(汗

    他のレポートも合わせて参考にさせていただきます。

  2. はじめまして。
    『静岡 林道』で検索かけていたら、ヒットして遊びに来ました。
    詳細なレポートがとても面白く読ませていただきました。

    割とソロで走っていらっしゃるのでしょうか。
    自分は今月から林道遊びを始めたようなド初心者で、
    足をひっぱる可能性が高いですが、
    周りに林道仲間もおらず、毎週のようにヒマなので、よかったらご一緒させてください。

    1. >うっちゃさん

      コメントありがとうございます。
      林道レポートはまだまだですが、楽しんで頂いたようで、
      とても嬉しいです。

      こちらこそ、林道遊び(探索)は、僕も去年秋から始めたばっかりで、
      最近やっと”ド”が取れたぐらいの初心者ですので、是非ご一緒しましょう。
      よかったら、メールにどのへんに住んでらっしゃるか等書いて送って
      くださいね。(stooge*mail.goo.ne.jp)*を@に変えてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中