山裾に広がる迷路道!!神明山周辺2


前回は神明山を周回する林道群を探索しましたが、
その探索中、他の林道をいくつか発見しました。

まず、神明山の北側ルート入り口のちょうど対角から延びている、
「林道 熊平支線」

”支線”ってことは、どこかに本線があるのかな?
林道起点の道を挟んで反対側には、

左が神明山山麓の周回コース。
そして右に登る道が神明山山頂付近へ至る道だと思います。
ちなみにこの山頂への道。

このように相当に荒れています。なので、今回はパスしました。
では早速、林道 熊平支線へ。

入り口付近から常に下っている感じです。
道は穏やかな感じですが、

雨水溝があります。

更にくだって、

また大きな雨水溝。

暫く勾配がほとんどない、等高線を走行し、

大きな広場のようなところに出てきて、

鉄塔が左に位置する場所で道が消えてしましました。
もしかしたら薮の先に道があり、熊の集落へ抜けれるかも知れません。

  熊平支線 約0.8キロ

熊平支線を探索し終わったら、今度は神明山の南側の探索に向かいます。
そして、林道発見!!

「林道 石仏線」
もうひとつの看板も気になりますが、さっそく探索開始。
林道入り口からすぐに分岐がありますが、本線は左。
右に行くと、民家の庭に行ってしまいます。

左の上り道が本線。

砂利敷きのフラットな路面。見晴らしもよく開放的です。

ぶっ飛びストレート!!

左に登っている分岐があったので行ってみます。

すると、また分岐。写真は分かりずらいですが、左右に道が分かれています。
とりあえず左に進みます。

上っていきます。

で、また下り。
結局ぐるーと廻って、分岐のところにたどり着きました。
最初の分岐に戻って本線を走っていくと、

すぐに舗装路に変わって、暫く走ると、またダートに。

その後、5叉路の分岐点へ。
左は舗装路。ダートは直進登りと下り、そして右の道。
直進の上に行くみちは、行き止まりでした。
とりあえず、まっすぐ行ってみましょう。

道幅があって走りやすい道。
ほどなく走って舗装路になったところで分岐。

右へ登っていく道と左に下がっていく道。
どちらも舗装路なので、分岐のところに戻ります。

分岐から右に曲がっていく道に行ってみます。

これもほどなく走って民家横に出てきました。
結局本線は分岐の舗装路。始点箇所まで舗装済みでした。

 石仏線 約3.8キロ

神明山周回コースと石仏線を併せて走れば、楽しめるかも。
ガレ場も少ないので、痛い思いもしなくていいですしね。

次回は、以前走っていた珍撓/大日線の再確認の模様をレポートします。
今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中