引佐の絶品林道群!!珍撓線(再)/大平線


2011年最後のレポートです。
今年一年、ありがとうございました。

以前、渋川近くの「林道 珍撓(ちんだ)線」を途中まで探索しましたが、
ネット情報を確認したら、ダートが残っているとのことだったので、
再度確認しにいきました。

「林道 珍撓線」
今回は県道359号から一本集落側に入った道から探索します。
林道表示箇所からすぐにダートが始まり、

そこそこの勾配の道を登っていきます。

入り口から暫くは、少し道が荒れていますが、

このように、ほどなくして砂利敷きに変わります。
一通り登りきったら、

後は勾配がほとんどないフラットなダートになります。
道幅は広くないけど、轍もガレもなく、よく踏みしめられたダートが
続きます。

ダートでも落ち葉が堆積しているところは要注意ですね。

林道によくある、雨水逃しの段差もなく、非常に走りやすい道です。

ほとんと勾配のない道を右へ左へ、カーブが続きます。
道幅がそれなりにあるので、ブラインドからいきなり車が!!
っていう感じにならないのが安心できます。

カーブが終わる前に、また前方にカーブが。

砂利敷きの路面は最初だけで、あとはこのような踏み固められた土系の
道が主になります。

低山系にありがちな、うっそうとして、じめじめした森の中を行く、
という感じではありません。日もあたって、開放的な感じで、とても
面白い林道です。

ほどなく走って舗装路になります。
そのまま終点箇所まで舗装されていました。

片方の出口は、県道47号に合流します。
未舗装割合はだいたい50%ぐらいかな。景色はあまりよくありませんが、
勾配のないフラットな路面で、カーブの連続。結構楽しめると思います。

 珍撓線 約4.2キロ

林道 珍撓線を探索し終わった後、
これも以前探索が途中だった、「林道 大日線」を再探索しにいきました。
道中、林道らしき道を発見!

「林道 大平線」
聞いたことないですねー。こういう知らない道を見つけて走るのは、
いつもわくわくします。早速行ってみます。

絶えず登りで、しばらくは簡易舗装が続き、

ほどなくダートへ。

未舗装区間はそれほど長くなく、

分岐に辿りつきます。
とりあえず、左に行ってみます。

分岐付近から簡易舗装は消え、ダートになります。
道幅は広くはありません。路面は最近敷いたらしい砂利と踏み固められた土。

林業関係らしき人達が道の真ん中で休憩してました。
すいませ〜ん、失礼します。

たぶん、さっきの人たちはこの新しい砂利を敷いていたのかも。
えらく奇麗になっています。

砂利道が終わるとまた一般的な林道の路面に。

折れた枝が路上に散乱し始めたら、

終点です。

終点箇所は、自然公園になっていました。
”ギフチョウ”という、蝶が有名みたい。

遊歩道も完備されていて、そこから周りの山々が見渡せました。
天気の良い週末なのに、僕以外訪問者はいなかったけど、
遊歩道はえらく奇麗に整備されていました。う〜ん。

今来た道を戻って、分岐を逆に下っていくと、そこにも林道終点の標識が
ありました。

  大平線 約2.2キロ

道程の半分程度は簡易舗装でしたが、珍撓線とともに、風情があって、何か
暖かい感じがした林道。結構好みかもしれません。

この後、これも以前探索した林道 大日線の続きを再探索しにいきました。
その模様は次回、あ、来年ですね。

秋口から林道探索を始めましたが、
なんとか無事に新しい年を迎えられそうです。
来年も無事故、無怪我で林道探索、ツーリングそしてキャンプで、
バイクライフを楽しみたいですね。
みなさまも良いお年を!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中