浜北近くの極上林道!!道環線(再)


以前、観音山林道の1号線を探索していた途中に見つけた、
「林道 道環線」

屈強なゲートが入り口にあったため探索出来ませんでしたが、
ネットの情報によると、かなり昔にあった光明鉄道という民間鉄道の
線路跡から登っていけば、この林道に行けるらしい、ということを
知り、再度アタックすることにしました。
が、その前に、林道入り口のゲートを確認しにいったら、

なんと、思いっきり開放されているではないですか!?
この日は土曜だったので、もしかしたら作業のために開けていたのかも
知れません。
とにかく、いざ鎌倉!閉められる前に早速中に入ります。

ゲートからすこしの間はこのような奇麗な舗装路が続き、

ほどなくして分岐が現れます。

道端に林道表示があります。
「道環線支線」
本線を探索したあとに行ってみましょう。
本線はこの分岐から、

このようにダートになります。
では参りましょう!

路面状態は踏み固められて、浮き砂利も少なく走りやすいダート。

道幅も広いですね。

カーブも緩やかで、僕みたいな初心者にも安心な道。

いやー、気持ちいいです。

しばらくして、右に上がる分岐があります。
実はこの道、先の分岐から延びる支線でした。

分岐からすぐに、景色が開ける場所に辿りつきます。
そこから下っていくと、

また右に分岐。

直進する道があったので行ってみましたが、行き止まりだったので、
右に曲がる道に行ってみます。

道路に敷かれた砂利が新しい。
どうやら最近開設された林道?作業道?のようです。

作業道は下に下に続いています。

作業している方の人影が見えたので、ここで踵を返します。
GPSの位置と道の進み方からすると、もしかしたら以前途中まで探索した、
林道 町谷線に接続しそうな感じです。
では、戻って支線の探索に向かいます。

分岐からは、しばらくは奇麗は舗装路が続きます。
そして、いきなり目の前に現れるのが、

浜松市街の一望!!

浜北から天竜市街が眼下に広がります。
ネットで景色が奇麗と書いてあったのですが、ここまで奇麗だとは
思いませんでした。
景色を見ながら一服して、探索に戻ります。

景色が奇麗な場所からすこし走ると、林道の終点表示があります。
が、その先にも道が続いているので探索を続けます。

相変わらず走り易い路面が続き、

右下に下る、これも新しく開設されたっぽい支線があります。
本線を暫く進むと、

なんとも言えない雰囲気の道になります。立っている木の種類は
違いますが、高原の中を走る道のような感じ。
そして、

本線に合流します。

  道環線 約5.0キロ

今回、たまたまゲートが開いていたので探索できた道環線ですが、
本線より先の作業道、支線が続々開設していて、近い将来もしかしたら、どこかの林道に
抜けるようになるかも知れません。
路面状態が良くて、尚かつ景色が良く、浜松市内からほどほどの距離にある林道は
そう多くはないので、走れる機会があれば是非一度行ってみては如何でしょうか?

次回は、天竜に向かう途中に見つけた林道をレポートします。
今日もおつかれさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中