え?こんなところに!?寺朗線他


林道 道環線を探索し終わったあと、
天竜・熊に向かう途中の阿多古集落から、観音山へ延びている
林道を探索。

舗装路からダートへは、このように”それとなく”変わります。

茶畑の中を登っていきます。

道幅は狭く、路面状態もだんたんと悪くなっていきます。

路肩崩壊。

写真以上にガレています。

地図ではどこにも抜けていない様なので、これ以上危険になるまえに
ここで引き返しました。

  不明林道 約0.8キロ

で、あたりをフラフラ探索していたら、

「林道 寺朗線」
発見しちゃいました。入り口からダートで、道幅も広いような感じ。
早速探索開始です。

思ったとおり、道幅もそこそこ広く、浮き砂利も少ない快適林道。

勾配もほとんどなく、等高線上を走り抜けていきます。

時たま、登ったり。

泥系もすこしあります。

しばらく走っていくと、結構勾配がキツい坂を登って、

林道終点表示があります。
ここから、右に曲がる道と開設中らしい作業路に分かれます。

こっちは右に曲がっていく道。
開設中の作業路の方を先に探索します。

先ほどの本線と同じような走りやすいフラットな道です。

暫く走っていくと、小さなユンボがまさに道を切り開いている真っ最中
でした。邪魔しては悪いので、さっきの分岐に戻ります。

寺朗線の終点分岐。
右下から上がってくる道が寺朗線本線。
左の道に行ってみます。

道幅は狭く、廃道の雰囲気が。

雨水溝で道が抉られております。

勾配は結構あります。道はまだ続くけど、

路面状態はかなり悪くなります。
登りだと厳しいので、このへんで探索終了。

  寺朗線 約1.5キロ

え?これぐらいで戻っちゃうのって??

確かに後から映像を見てみると、まだまだ行けそうでしたが、
この日はそういう気分だったということでしょう(笑)
地図で確認すると、この先登ってすぐ、市道らしき道に合流しそうです。

次回は、久しぶりに行った、舞木林道の模様などをレポートします。
今回もお疲れさまでした。