やっぱりすごい!迷路林道!舞木赤鉢イノコイド2


舞木林道を登ったところで出くわした6叉路。
結論から言えば、どこかに抜けているのを確認したのは
その内3つでした。

あとの道は入り口にカラーコーンが置いてあったり、
道の雰囲気等から察すると、作業道っぽく、抜けていない
感じがしたので、探索しませんでした。

6叉路方面図1
6叉路方面図2

それでは、まず最初に「集落経由、くんまの里」方面に行ってみましょう。

締まったダートでほぼフラットな路面です。

ちょっと走ってすぐ舗装路になります。
このまま下っていくと、道の駅くんま水車の里から登ってきた道の途中に
合流しました。

次に、6叉路に戻り、今度は「県道390号 相川方面」に抜けている道に
入ってみましょう。

と、下ってみたのですが、カメラの調子が悪く撮影できてなかったので、
登りからの模様を。

県道390号のここから上がります。
「相川」の看板が目印。

登る道は舗装済み。傍らに古い標識がありました。
「町道 相川熊線」

暫く登って、右に大きくカーブするところで、道はダートに変わります。

程よい勾配の登り道。
路面は重機が入った感じで奇麗な砂利敷きになっています。

すぐ分岐があります。左に行く道は、

「関係者以外通行禁止」の看板が。
本線っぽかったですが、違うみたいでした。

本線を登っていくと、また分岐。
今回はパスします。

路面は相変わらず重機が入った感じが続いていますが、
道幅が狭いので大きな石に乗り上げないように注意が必要。

ほどなくして、重機出現!!
路面修復中でしたが、快く道を開けてくれました。
ありがとうございます!

重機を通り過ぎたあとは、案の定路面は荒れ始めます。
とはいえ、軽くガレている程度です。

水たまりがありますが、凍っています。。。寒い。

しばらくすると、道端に作業中の看板が見えてきて、

先の6叉路に辿りつきます。

最後に、まだ残っている高集団地線と箒木林道に向かう道に
行ってみましょう。

その模様は次回に。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中