ハイキングコースと並走!?尉ヶ峰北探索


尉ヶ峰頂上に辿りついたあと、早めの昼食を済ませ、
五叉路のところまで戻ります。
道中、案の定ハイキングをしている人達に遭遇。

いきなり現れたバイクに驚いて、道の端で固まっていました。
驚かしてすいません。

五叉路まで戻ってきました。
教会施設の横のダートに進みます。

施設付近の奇麗な砂利敷き道から、林の中に入っていきます。

路面は意外としっかり踏み固められていて走り易い。
道幅はほどほど。

右上に、登山道らしき道が走っています。
しばらく並走して進みます。

ほどなくして、轍が弱くなってきて、怪しい感じになってきて、

第一関門。ここは難なくクリアしたのですが、

第二関門。倒木が大きく道を塞いでいました。
地図で確認すると、ここをクリアしてもどこにも抜けていない感じなので、
ここで撤退。

五叉路まで戻って、下に続く簡易舗装路の先を探索することに。

五叉路から下ります。

一応舗装してあるのですが、通行する車両はほとんどないような廃道の気配。

下る途中、分岐発見。ちょっと行ってみましょう。

簡単なゲートがあります。ここから先は私有地のようです。

簡易舗装の道を下から、奥山集落あたりから登ってみることにしました。

このあたりからダートが始まります。

右手には蜜柑畑。

森の中に入ります。道幅はかなり広い。
浮き砂利の多い、最近砂利が敷かれたような路面が続きます。

勾配は緩やか。しばらく登っていくと、

いきなり広大な造成されたオフロードコースが出現。

『奥山デイズ』という、四輪、バイク用のオフロードコースでした。

オフロードコースを過ぎると、簡易舗装に変わり、先ほどの分岐地点に至ります。

富幕中村線他 約8.5キロ

今回走った、尉ヶ峰北側を走る道は、
ネットで調べると「林道 富幕中村線」と
呼ばれているところもありますが、
正式名称は結局分かりませんでした。
※正式林道名は「芝形線」でした。

奥山林道と距離的に近いので、併せて走ってみても良いですね。

ー追記ー
今回からブログのタイトルを、シンプルなものから
キャッチフレーズ風に変えてみましたが、どうでしょうか?
最近の記事はSL230での林道探索系ばっかりですが、
ブログを見に来る人のほとんどは、
MONSTER 796で検索してこられた方が多いので、
そうした方々にも楽しく記事を見てもらえばと思っての変更です。
楽しんでもらえれば嬉しいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中