天竜・熊と白倉峡の周回林道〜川向(仮)/三舞坂/市ノ瀬線


今回は昨年末に探索した、白倉峡周辺の林道を走ったときの模様を
レポートします。

県道9号を北上し、道の駅 かあさんの里を過ぎてしばらく走ったあと、
右折して県道295号に入り、石打地区を目指します。
*林道 東嶺線の終点やトンネルまで行くと行き過ぎです。

石打地区から龍山村へ抜ける町道?を進むと、T字路にぶつかります。

ここを左折して(写真で言うと上の方向)暫く走ると、

未舗装路が手招きしています。
早速、枝線らしい右の道から探索してみましょう。

なかなか開放的な道ですが、

やはりすぐに行き止まりでした。
さっきのところまで戻って、本線の探索に行きます。

出だしから、快適なダートです。道幅は広くないので、転倒&転落には
注意します。

時折、このようなジャンプ台(雨水溝)が設置されていますので、
油断は禁物。

法面が崩れていたり、路肩の崩壊もなく、順調に進んでいたら、

いきなりユンボが道を塞いでいました。バイクを停めてその先を確認すると、

路肩修復作業中(*)のようでした。*2011.12.28時点
この林道はこのまま白倉峡の集落まで抜けているはずなのですが、
非常に残念。

  水野沢線(仮)

さすがにこれ以上は進めないので、先ほど登ってきた石打地区のT字路まで
戻ります。

T字路を今度は右に曲がって走りだしてすぐ、左に登る新たな林道が
目に入ってきます。

「林道 三舞坂線」
初めて聞きますが、早速突入します!

道幅は狭いですが、路面は引き締まって走り易いです。
しばらく緩やかに登っていったあとは、

下っていき、次第に道が荒れていきます。

見た目以上に荒れています。路上には時折ピンクリボンが刺さっていたので、
近いうちに重機による整地、もしくは舗装化されるかも知れません。

暫く走って舗装路に変わり、そのまま下っていくと、

分岐です。写真は分岐の下側から撮っています。

分岐から左に行くと、「作業道市ノ瀬線」ですが、

”作業道”ではなくて、「林道 市ノ瀬線」に格上げ?になったようです。

この辺りは鳥獣保護区に指定されているとの案内板がありました。
三舞坂線の後半の探索の前に、行き止まりの市ノ瀬線を探索してみましょう。

渓流沿いの狭い道。車両がほとんど通っていない感じですね。

すぐに分岐がありますが、ここは左に。

緩やかな登りです。路面はまぁまぁの荒れ具合ですが、すぐに、

林道終点です。1キロぐらいしかありませんでした。

  市ノ瀬線 約1.1キロ

この先に道らしいものもないので、戻って、三舞坂線の探索を続けます。

市ノ瀬線の分岐から下っていくと、左上にガードレールが見えてきて、

林道終了。

  三舞坂線 約2.2キロ

合流した舗装路を左に行くと白倉峡方面のようなので、
左折して、次の林道、小松野線、陀仏線等の探索に向かいます。
その模様はまた次回。

今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中