銀世界!天竜・熊と白倉峡の周回林道2〜小松野/陀仏/菜畑線


前回からの続きです。

林道 三舞坂線から白倉峡に至る道に合流してすぐ、
右側に分岐している道があります。

「林道 小松野線」味のある林道表示ですね。

中日向城・白倉方面に行きます。
分岐から奇麗な舗装路が続いて、かなり登ったところで右に曲がる道との分岐
があります。

路面が濡れているように見えますが、実際は凍結していて非常に危険。

「林道 陀仏線」の起点表示です。
このまま直進しても、小松野線は全線舗装のような感じだったので、
右折してお陀仏線の探索に。

分岐から登ってくると、すぐ分岐がありますが、今回はパスしました。
路面はすこしだけ荒れている感じですが、

道幅が広く、気持ちいい!でも、

雪が積もっている所が出てきます。
暫く走ると、

左に降りていく道との分岐があります。結構積もっていますね。

標識がありませんでしたが、たぶんこの分岐までが林道 陀仏線だと思います。
案内板には”悪路”って書いてありますが、そこまで酷くはありませんでした。
では、上の案内板で言う、「白倉山登山口」方面へ直進してみましょう。

雪が降ってから車両の通行はまったく無い気配。
雪の下が砂利だからなのか、フロントが滑るということはありませんでした。

轍の上に氷が張っています。もちろん、ドロドロだった轍もそのままの状態で
凍っています。

日が当たっているところは、こんな感じで安心して走れるのですが、

日陰になっているところはこんな感じ。
先ほどの風景が開けたところがピークのようで、すこしずつ高度を下げながら

ダートが舗装路に変わり、ガードレールが見えてきたら、

終点です。ちなみに合流先の路面はもちろん凍結済み!

合流道路から林道出口を。

今降りてきた道は「作業道菜畑線」でした。

  陀仏線/菜畑線 約5.8キロ

積雪と凍結が思った以上に酷く、これ以北の探索は危険と思い、ここで探索終了。

菜畑線の出口から下ってすぐの「長寿の水」で一服。

そこからちょっと下ると、左に登っていく道があります。
これは陀仏線の終点分岐へ至る道かな?

浜松へ帰るため、ショートカットして山道を走ることにしたんですが、
ちょっと選択ミス。なぜかって?

アスファルト舗装の路面が凍結していて、尚かつその上に雪が積もっている、
極めて危険な状態でした。
ほとんど歩くようなスピードでなんとか危険地帯を通過したあと、

途中、「林道 トコサム線」や

「作業道 南沢1号線」、

「作業道 南沢3号線」。その向かいにある、

石打集落方面に抜けていると思われる、名も無い林道があったのですが、
道路状況と時間の関係で今回はすべてパス(泣)

雪道は楽しいけど、凍結路はやっぱり怖かった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中