SL230整備〜チェーン交換他


約18000キロを走行したSL230。
最近はチェーンの張り調整をしても、500キロも走らないうちに
ダランダランになってしまい、調整代もほとんどなくなってきていました。

なので、思い切ってチェーン交換!

まずは、交換前の状態。
スネイルカムの位置が”赤い”場所に来ているのが分かりますね。

これが今回交換する新しいチェーン。
フロント、リアのスプロケットは今回交換しないので、純正サイズの”100”コマです。

それにしても汚いですね。
ウェットタイプのチェーンオイルのせいなのか、林道を一日走るとこのように、
木屑やらゴミやらがたくさんくっついてしまいます。オフロード走行には、
ドライタイプの方がいいのかしら?

で、さっそく作業にかかります。

リアのアクスルシャフトを緩めて、リアタイヤを外します。
次に古いチェーンを外すため、

サンダーを取り出します。
かなり昔に買った記憶があったのですが、探したけど見つからず、
仕方なくアマゾンで購入。2700円ぐらいでした。安いですね。

で、サンダーでチェーンをぶった切ります。

荒い仕事にチェーンもぐったり。
チェーンを外したついでにフロントスプロケットの摩耗具合を確認。

あらら。結構偏摩耗してますね。近いうちに交換しなければ。
リアスプロケットは、

奇麗にして、見てみましたが、山もしっかりあってまだ使えそう。

新しいチェーンを繋ぐため、タイヤを装着し、

スクリュージョイントをチェーンの端と端の間に入れて、均等にネジを
締めていき、

完成です。*写真はクリップを締める直前です。

え?クリップ式に変わってるって!?
はい、実はちょっと失敗してしまいまして、ジョイントを違うのにしました(笑)
組み付け前にはちゃんと説明書を読みましょうね。

せっかくだからと、

ついでにギアペダルの位置をすこし上に上げました。

ちなみに、ギアペダルの位置を調整する箇所のネジは、
スキッドプレートをつけたままだと狭くてボックスレンチが入りません。
そういう場合、普通はメガネレンチを使いますが、

こういう便利なレンチがあります。
四輪のブレーキラインに使うレンチですが、オープンレンチの片方がラチェット式の
メガネになっています。

トルクはそれほどかけられませんが、あると非常に便利です。
というか、スキッドプレートを外すこと自体、大した手間じゃないんですよね。

リアのブレーキパッドはもうちょっとで交換時期ですね。

チェーンを交換して、近所を試運転したのですが、びっくりするぐらいの効果。
トルクがいきなり太くなったような感覚で、停まってるところから軽くクラッチを繋ぐと
ウィリーしちゃうぐらいな感じで、今までのSL230とはまったく別物。こりゃすごい。

最近いろいろとついてなかったけど、これでチャラ!?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中