凍りまくり、滑りまくりの林道探索


2月に入ってからの大寒波で、浜松市街地でも雪がかなり降りましたが、
天竜、熊あたりも同じような感覚で週末に林道探索に出かけたら、
たいへんな目に遭いました。

林道へ向かう道中の県道、国道には残雪や凍結がなかったので安心していたら、

主要道から一本はずれると、どこもこんな感じ。
路面が濡れていると思って突っ込むと、たいへん痛い目にあいます。
実際、この日は何度もこのトラップで転倒しそうになりました。
で、更にそこからまた脇道に入ると、

雪がかなり残っています。
これは雪の下がダートだからまだましですが、

これは最悪。
舗装林道ですが、雪の下は凍結していて、尚かつ林道なので勾配がきつい。
エンブレだけで下りましたが、それでもリアが滑って止まらない!!
両足付いて踵でアシストブレーキです。

なんとか気合いを入れて里山までくだります。ふぅ〜。
というか、熊あたりでこんなに雪が積もるのって初めてじゃないかな?
林道から県道に合流したら、

なんと、「チェーン装着」の案内が!
路上に水が流れているように見えますが、実は所々凍ってます(笑)
逃げるように違う林道に入っても、

雪が残って、その下は轍の形のまま土砂が凍っていて、すこしでも轍から
ずれるとハンドルが取られるし、リアブレーキをすこしかけただけで、
リアタイヤはロックするし、、、

なんとか無事に無転倒で林道出口まで辿り着きましたが、さすがにこれ以上の
探索は危険なので、本日の走行は終了。

帰りに道の駅に寄ったら、こんな状況なのに意外とバイクが多く停まっていて
びっくり。先週よりも暖かったからかなぁ。

右も左も雪だらけ。。。