天竜・二俣のシングルトラック!!阿蔵只来線他


さて、前回からの続き。

大渓二俣線の終点ポイントから戻ってきて、
阿蔵只来線への分岐まで戻ります。

ここを右に曲がって、

さらに右に鋭角に曲がっていく道が、多分阿蔵只来線。
でも、

左にも道があり、意外としっかりしたシングルトラックの踏み跡が残っています。
どこかに抜けれそうな予感。
ちょっと寄り道してみましょう。

狭い割には、人が通っている気配を感じますね。

お、いい感じになってきたぞ。

途中、トライアルバイクかなにかがアタックしたらしき形跡が。
挑戦したい欲望を抑えて先に進みます。

林道というか、作業道ですね。道の両脇から木々が迫ってきます。

傾斜がそこそこあり、深い雨水溝も出現。行けるかなぁ?

しばらく下っていって、なんとか広い場所に抜けれました!
ここは、

左に下っていく比較的広い道と、
更に続くシングルトラックの道の分岐になっています。

これがシングルトラック。
地図を確認すると、どこにも抜けてなさそうな感じなので、
進入するのは止めておきました。

それでは左に下っていく道に行きましょう。

結構な傾斜がある、つづら折れのダートが続き、

只来集落へ。
途中分岐がいくつかありましたが、どれも行き止まりのピストンでした。
この辺りから、何本か作業道らしいところを探索しましたが、

簡易舗装で行き止まりだったり、

倒木酷く通行不可(もしかしたら、この道がさっきのシングルトラックに合流?)
だったので、シングルトラックの道を戻り、阿蔵只来線の探索に向かいます。

只来作業道(仮)から出てきたところ。
直進して阿蔵只来線に入ります。

道はちょっと荒れ気味。でも道幅があるので、ラインを選べます。

ほどほどに荒れた道。ゆっくりと下っていき、

道幅が広くなってきたら、

終点。

意外と距離はありませんでした。
合流した道もダートです。

右に曲がる道は里に抜けてるっぽい。

左に曲がる道はまだダートが続いている感じなので、
こっちに行ってみましょう。
その続きは次回に。

作業道らしいシングルトラックの道は、景観はよくありませんが、
MTBだと結構楽しめそうな感じでした。

今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中