森町・本宮山周辺の珠玉林道群2〜虫生線他


今回は、林道 光南線の片方の出口、県道63号線から南に下っていきます。
ほどなく南下すると、新設中の林道がありました。

左に見える白いのが、県道63号から分岐している橋。
そうです、県道側から撮影するのを忘れて登ってきてしまいました。
工事を初めてあまり日が経っていないのか、

登ってすぐ、伐採した木々が路上に転がっていました。
いったいどこまで延びるのかな。

県道に戻り、しばらく走っていくと、左手に林道発見。

「林道 奥水線」。
進入してみたものの、とても短く、

すぐに行き止まりに。

県道に戻り、283号との分岐に大きな杉の木が。
樹齢は百年以上ありそうな、大木。

この大木が目印のT字路を左に曲がり、県道283号に入ります。
浜松市と磐田市の県境を過ぎて、林道光南線入り口を左手に
見ながら尚も下っていくと、

虫生(むしゅう)林道の案内板がありました。
道なりに進んでいくと、

「林道 虫生支線」の林道標示。
林道標示から左に延びる道がありますが、
この標示の仕方だと、真っすぐ進む道が「虫生支線」と思い、暫く直進すると、

「林道 虫生線」の林道標示が。
どうやら、直進が「虫生線」、分岐から左の道が「虫生支線」のようです。
では早速、虫生線の探索に出発!!

林道入り口付近の舗装路はすぐにダートへと変わり、
渓流沿いに右へ左へとカーブが続きます。
前日に雨が降っていたので、路面はところどころぬかるんで、非常に
走りにくい。

途中、登山道らしい道が左へ分岐。川を渡る橋もシングルトラック。

時たま林間を走る清々しい道もありますが、

ほとんどはこのような渓流沿いの道幅若干狭めの道。

急な登りではないものの、絶えず登り勾配が続き、林道入り口では
道のすぐ脇に流れていた川は遥か目下へ。

地元の人がよく利用されている感じで、雨降り後でもかなり硬めの路面。

左への分岐がありますが、本線は直進。このあたりからカーブも緩やかになり、
気持ちよく走っていたら、

あらら、行き止まり。残念でした。

林道入り口付近の支線との分岐まで戻って、虫生支線を探索しましたが、
全線舗装済みでした。

路面が濡れてなく、太陽が出ていたら、そこそこ気持ちのよい林道だと
思います、虫生林道。

今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中