路肩崩落につき走行注意!!雁峰4号支線探索他


今回は、以前、新城の大荒れ林道を一緒に探索して頂いたジュベル乗りのTKさんと
一緒に、雁峰林道周辺を探索しに行きました。

雁峰林道は既に全線舗装済みなので、そこから延びる支線をメインに探索。
しかし探索当日は夕方から降雨の可能性大。
なんとか日没まで天気がもってくれればいいのだが、
朝からどんよりした空で、いつ降り出してもおかしくない雲行き。

待ち合わせ場所の国道沿いのコンビニに着いて、
一息入れてたら、ほどなくしてTKさん到着。

前回のガレ場走行で味を覚えたのか、
今回の探索に備え、エンジンガードやニーガード等の装備を整えての参加です。

軽い朝食を澄ませ、いざ出発。

まずは、国道から雁峰林道の途中に合流する林道へ。
迷った末に辿りついたのは、新東名の工事現場。

ここから林道 富永線(全線舗装)をぐんぐん登っていくと、
雁峰林道に合流。

本線からすこし東へ走っていくと、左手に分岐しているダート道が。

「雁峰4号支線」
これが今回のメイン。
大荒れでヒィヒィという話や、意外と簡単にクリア出来た、
という情報もあり、真偽の程はやはり、突入してみなければ
分かりません。

早速、私が先陣を切って突入。

絶えず登りで、勾配はそこそこ。
しかし、路面は荒れているというわけではなく、意外と拍子抜け。

砂利が比較的新しく奇麗なので、昨年末あたりに重機が入って整地
された感じ。

しかし整地されたとはいえ、路肩は脆く、既に崩落が始まっています。
そんななか、一瞬獣道?古道?と思われる道がありました。

支線からの入り口には何故か”通行止め”の交通標識が置かれています。

標示を過ぎて暫く走ると、第一関門。

一瞬、ダメかな、と思いましたが、二輪が通れるスペースがかろうじて
残っています。奈落の底に落ちないようにゆっくりと進みます。

バランスを崩したら成仏?間違い無しです。
第一関門をクリアしたあとも、

第二関門出現。この辺はサンド系の本当に脆い土質のようです。
クリア後暫くは、

快適なシングルトラックの出現。
しかしそれも長くは続かず、

倒木あり。

そんな感じで楽しんでいると、路面状況はどんどん悪くなっていきます。

う。。。かなり深いクレパス出現。
クリアできるのだろうか。。。

その模様は次回に。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中