頑張れ!GP-22!?雁峰4号支線探索他2


雁峰4号支線探索の続編。

前回ここまで来ましたが、道路に横たわっているのは鉄杭?ではなく、
丸太。それも生乾き。

アプローチを失敗して、軽くスタックしてしまい、TKさんにフォローして
もらいながら、なんとか乗り越えに成功!

でも、クリアしたのはいいけど、

前途多難な様子。。。
かなりぱっくり逝っちゃってますね。

走るラインを何度もイメージしつつ、
TKさんは既に先回りして撮影体制に入ったところで、
いざ!

あれー??
アクセルの開き具合にスピードが伴いません。
GP-22!!なんとか最後までグリップしてくれー!

TK撮影部長を右に見つつも、ポーズを取る余裕はありません。
GP-22のグリップはどんどん落ちていきます。

クレパス地獄から抜け出しても、GP-22はグリップせず、

ガレてもいないのに、滑りまくりで、
バイクがあらぬ方向へ行ってしまうのをなんとか押し込めて、

やっとのことで、クリア!ふぅ〜。
こういう柔らかい土質の路面では、GP-22のようなトレールタイヤは、
ブロック間に砂がつまってしまい、まったくグリップしませんでした。とほほ。

それにしても改めて眺めてみると、かなりエグイ溝。
このあと、TKさんも難なくクリアして、先の探索に向かいます。

雨水溝はところどころ深いのがありますが、勾配もきつくなく、
エスケープゾーンもあるので、大丈夫。

敷かれてそんなに月日が経っていないような砂利も、自然の猛威の前では、
このように無惨に流れさってしまっています。

ほどなくして、

道端にバリケードがある所に出て、舗装路に変わります。
左に進む分岐は、地図で確認するとすぐに行き止まりのようす。
そのまま舗装路を進むと、すぐに、

今度は右に分かれているダート道があります。
これも地図で確認すると、行き止まりのようです。
舗装路は分岐からすぐにダートに変わり、

気持ちのよいストレートをちょっとだけ進むと、

左に下っていく道と右に登っていく道の大きな分岐に遭遇。

地図を確認すると、左は椿沢経由で愛知県道437号に合流する様子なので、
この分岐を右に行く事に。
しかし、上の写真でも分かるように、この時既に、雨がポツリポツリと降って
きました。
本降りに成る前に、先を進みます。
その模様はまた次回。

今回もお疲れさまでした。

>TKさん
ヘルプ、ありがとうございました m(_ _)m

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中