伊勢・志摩 〜 海鮮食べまくりキャンプツーリング4


今年最初のキャンプツーリングのレポートその4。

買い物をしてキャンプ場に戻ると、
テントを設営した時と比べて、夕暮れ間近の空に晴れ間が広がり、
風も弱くなってきた感じ。

さっそく、
御座漁港前のお店から買ってきた獲物を網の上へ。

既存のかまどの中に、ネイチャーストーブを設置して、
その上に網を載せる。

前回もそうだったが、このストーブは携帯性が高く、
火の具合もいいのだが、やはり小さい。二人で焼いて調理
するには、小さ過ぎ、サザエを同時に4つしか焼けない。

そういいながらも、

サザエがいい感じで焼けてきて、いてもたってもいられずに喰らう。
コッリコリで旨めぇ〜!!まさに、”何にも言えねぇ〜”って感じ(笑)
続けざまに、

¥80/ヶの激安「ひおき貝」を喰らう。
これはめちゃくちゃ甘い!!伊勢湾の磯の香りと塩味、
そして貝の甘みが絶妙!!刺身でもいけるぐらい新鮮。

ちまちま焼いても二人で食べるとすぐに無くなっちゃうので、

どどーん、と一挙に焼きまくり!

しかし、
早く口に入れたい焦りからか、
それとも祖父の遺品の備長炭の火力が強すぎなのか、
サザエを殻から出す時に、半分ぐらい取り出したところで、
残りが取り出せない不具合が多発。
一つ取り出す度に、嬉しい悲鳴と落胆の嗚咽が交互に聞こえる。

それじゃ、メイン行きますか?ってことで、

伊勢エビを乗っける。
まだ生きていて、網の上でぴくぴくするのが、すこし可哀想。

ほどよく火が通ったら、DS1100さんが手際良く二つへ。

いやぁ〜、うまそう!
もしかしたら、こんな風に焼いた伊勢エビを喰らうのは初めて。
普通のエビと違い、歯ごたえ十分。マジウマ。
殻に残った身は、

鍋に入れて出汁を取って、醤油を入れて”おすまし”へ。

今回仕入れたのは、
サザエ、ひおき貝、各10ヶ、伊勢エビ2尾で、約3500円也。
キャンプツーリングでこんなに贅沢したのは初めてだろう。

日本酒を飲みながら、一通り食いまくると、ようやく
陽が落ちてきた。

DS1100さんは、もうダメ、と、早々にテントに入って夢の中へ。

ひとりになった僕は、
いつものエスプレッソにバーボンを入れて、
海辺に打ち寄せる波の音をバックに、
月が登ってくる様をのんびり眺めていた。

二日目に続く。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中