森町・本宮山周辺の珠玉林道群3 〜 松久保線他


前回までは、『森町・小国神社周辺の林道探索』というタイトル
でしたが、今回は、地理的に本宮山の方が近いので、
タイトルを変更してレポートします。

まずは、「林道 光南線」の静岡県道63号側入り口から、
東(森町・三倉)方面へ走っていきます。

暫く走ると、分岐があります。

「林道 百古里(すがり)線」

この林道はMKさんと半分ぐらい探索し、
後半を先週末にソロで探索しました。

レポートは後日することにして、
今回はこのまま東に暫く進むと、

右への分岐。
*写真は、森方面を背中に撮影しています。

この分岐を登っていくと、「高塚山」山頂へ至りますが、
ほとんどダートがないのでレポートは割愛。

高塚山への分岐を過ぎてすぐに、左に曲がる分岐がここ。

この道は、すこしややこしいですが、先ほどの「林道 百古里線」
から延びている作業道に接続します。この辺のレポートもまた後日。

この分岐からまた暫く走ると、

ようやく「林道 松久保線」の看板がある分岐へ。
では早速いってみましょう。

茶畑を通っていくと、

ダートが始まります。

高速フラット路面!!
ほとんどストレートなので、思いっきり飛ばしましょう(笑)

気持ちよく走っていくと、景色が急に開ける場所へ。
左の細い道を下っていくと、三倉の集落へ抜けれるとか。

道路脇に三角点?みたいなのがありました。

広場からすこし進むと、

路面はダートから舗装路に変わります。
途中、

右に曲がるダートの分岐。進んでみたら、

崖でした・・・。飛ばさないで良かった。

本線に戻って、道なりに進んでいくと、

路面はまたダートに戻ります。
でも、ぐちょぐちょ。

フロントに履いているT63は、こういった泥濘に非常に
弱く、すぐに滑ってしまうので、スピードを落として
慎重に進みます。

ぬちょぬちょを過ぎると、極楽フラットダートへ変わり、

また舗装路へ。そのままほどよい勾配を登っていくと、

右手に林道標示が見えてきます。
分岐でもないのに、なんでこんなところに?

林道標示を過ぎると、路面はまたぐちょぐちょダートに変わり、

舗装路と合流。

合流地点から、今来た松久保線を。
この舗装路は「林道 西ヶ峰線」でした。

松久保線との合流地点から下っていくと、

県道58号に合流します。
*右の広い道が県道58号。左に見える道が、
今走ってきた「林道 西ヶ峰線」


林道 松久保線 約3.0km

 

これで、本宮山・小国神社周辺の県道58、63号に囲まれた地域の林道群は
ほぼ走行したことになります。
*「林道 西ヶ峰線」の「林道 松久保線」との合流地点より北は、未探索
ですが。

フラットダートやガレ場、廃道系などなど、バラエティ溢れる林道が
たくさんある地域ですが、天竜・熊と違って、林道同士の接続が良くないのが
非常に残念。

個人的には、

光南線」→「本宮山線」→「本宮山作業道」→「施業道タチバナ線
→「虫生線

がベストなルーティングかなぁ、と思いますが、どうでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中