森町・菰張山の頂きへ 〜 菰張山林道1


森町の林道群。
まだまだあります。

今回は、中でも有名な、菰張山の山裾をトラバースするように
走っている、「菰張山林道」をレポートします。

紹介するのは、県道399号から登っていくルート。
では早速いってみましょう。

県道399号を北上し、「アクティ森」を過ぎて暫く走ると、
左手に登っていく細道との分岐に遭遇。

道路脇に赤い鳥居があります。
ここを登っていきます。

分岐の反対側には、

住所標示板があります。
「鍛冶島」とは、珍しい名前ですね。

苔むした道を登っていきます。

この”苔”。
油断するとフロントからがっつり滑りますので、要注意。

舗装路を暫く走っていくと、

茶畑に出てきます。
そこからまた更に登っていくと、

限界集落っぽい民家が。

かなり高いところまで登ってきましたね。

右手に放置車両が見えてきたら、

ようやくダートの始まりです!と思ったら、

あらら、また舗装路に変わってしまいます。

伐採された木々が道路脇に見えてくると、

ようやく本格的なダートの始まり?
左手に分岐がありますが、実はこの左手の枝線?は、
ぐるーと廻って、

簡易舗装された本線に合流します。
*合流地点には緊急プレート「森127」という看板が
ありました。

ここからすこし走っていくと、

今度こそ、本格的なダートに変わります。
ちょっとぬめっているけど、ほぼフラットで走り易い。

時折存在する、水たまりに注意しながら、快適に飛ばしていくと、

左手に折れる枝線との分岐に。

分岐を振り返って。
分岐地点には、作業小屋らしき小さな建物がありました。

なかなか良さげなので、寄り道してみます。

分岐から走っていくと、

またすぐに分岐。
ここは、自分の直感を信じて直進。

”枝線”というには、もったいないくらいの道。
乾いていたら最高なんだけどなぁ。

しばらく走ってまた分岐。ここは右へ登ってみます。

しばらく登って、下りになり、

なんだか迷路に迷い込んだみたい。
試しにまっすぐの道に進みましたが、

すぐに行き止まり。

このあたりは、比較的最近造成された、
伐採用の作業道群みたい。

全部走って確かめたわけではないですが、
たぶんどこにも抜けていない感じ。

なので、
今来た道を戻って、最初の本線の分岐地点まで戻ります。

その後半の模様は次回に・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中