菰張山周辺の林道探索 〜 曲尾線他


前回は、
菰張山の山頂付近を通っている、「菰張山林道」を
レポートしましたが、
今回は、その一本西側を通っている、「林道 曲尾線」のご紹介。

県道399号の菰張山林道の入り口を過ぎて、更に南下し、
天方郵便局の先を右折します。

天方の集落の間を走っていき、

太田川の支流脇をゆっくりと登っていきます。
暫く走ると、路面はダートに変わりますが、

ご覧のように、災害復旧中。
*探索したのは、3月11日でした。
現在は通過できますが、この先の崩落で通り抜けできません。(6月30日現在)

現場の方にお願いし、修復現場をあとにします。
雨後のように、ひどくヌカルんでいる路面を走っていくと、

「林道 曲尾線」の林道標示が道端に建っています。
路面は相変わらずのぬかるんでいますが、先に進みましょう。

陽が射す場所は、路面が乾いていました。

コンクリの簡易舗装とダートが交互に現れます。

路面が乾いていたら、すごく気持ちよい林道なんですが、
ちょっと残念。

勾配がちょっとついてきたかなぁ、と思っていたら、
路面は舗装路に変わります。
そのままゆっくりと登っていくと、

こんな山奥に人だかりが!?

地元ではかなり有名な湧き水を
汲みに来ていた人達でした。

ここから先はずぅーと舗装路。

しばらく走ると、前方の同じく舗装路と合流します。

合流先から。
左が「林道 曲尾線」。右が「林道 矢倉線」

 
林道 曲尾線

林道標示もしっかり交差して建てられています。

合流地点から、北方面を撮影。

「林道 矢倉線」を北上すると、
「菰張山林道」の入り口を過ぎて、県道63号の”大河内”という
集落に抜けれます。

ただ、矢倉線は残念ながら全線舗装済み。

次回は、矢倉線を南下して、県道63号に入り、
ついに、禁断の?春埜山周辺の林道レポートに移ります。

今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中