菰張山周辺の林道探索 〜 鍛冶屋沢/山小沢線1


前回アナウンスした、春埜山周辺の林道をレポートする前に、
菰張山周辺の唯一のこっていた最後?の林道をご紹介します。

舗装林道の矢倉線の合流先、県道63号を南下して、森町三倉
から、県道58号に入り、更に南下していくと、左側に三倉側を
渡る橋が見えてきます。

橋を渡って、道なりに。

左に登っていく道があるので、そちらに進みます。

狭い、舗装路を登っていきます。

舗装路面が見えなくなるほど、
路面に落ち葉や枝が散乱している道をしばらく登っていくと、

急に目の前に茶畑が広がります。
茶畑を過ぎると、

ようやくダートの始まり。
相変わらず、路肩が狭く、

このように落とし物もたくさんあるので要注意。
ダートを暫く走っていくと、

景色が開けて、なにやら合流地点の模様。

合流地点から今登ってきたダートを。
そして、その合流地点に、

「林道 鍛冶屋沢線」の林道標示。

標示板の位置からすると、今登ってきたのが、
「林道 鍛冶屋沢線」の様子。

とすると、この標示より先に続いているダートは、
もしかして違う林道?
こういう謎解きは楽しみ♪ですね。

早速合流地点より先に進んでみます。

合流地点は、ちょっとした広場みたいになっています。

目の前にあるのが、合流から右に行くダート。
左にも道は続いていましたが、どこにも抜けてなさそうなので、
今回はパスしました。

合流から先は、それまでより幾分道幅が広い感じ。

尾根沿いを爽快に進みます。
実際は、残念ながらいまいち開放感がありません。

途中、

左に分かれていく道があります。
が、怪しそうなので進入は止めておきます。

しばらく走ると、

空が広がります。なんかほっとする瞬間。
でも、

すぐに、いつもの?廃道っぽい道に変わり、

ぬかるんだ路面も現れます。

ダートらしいダートもあり、なかなかこの林道、
変化に富んでいて面白いかも。

ほどなくして、

分岐というか、新たな林道に合流。

ぐるーと廻ってみると、カーブミラーの下になにかあります。

「←山小沢林道 黒田→」

うむむ。

今きたダートが「山小沢林道」で、
分岐から先の左に行くダートが、森町三倉の黒田という
集落に抜けているのでしょうか?

実は、探索当日はスマートフォンのGPSの調子が悪く、
現在地が分かりませんでした。

悩んだら進むのみ。

まず、合流地から左に行ってみます。
おっと、今回はここまで。
後半の模様は次回に。

今回もお疲れさまでした。

PS;本宮山周辺の林道マップ暫定板を「RINDOU」ページに
アップしました。

よかったら、見てください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中