怒濤のクラッチ交換 〜 大トラブル発生!!


時間がないなかでの、怒濤のクラッチ交換から一夜明け、
早速通勤で試用してみました。

交換したクラッチは、問題なく動作して、
滑らなくなりました。

が、
懸念されていた、ガスケットからのオイル漏れが。

15キロ程走ってこれだと、ツーリングなんてもっての他。
業務終了後、ゆっくり自宅まで帰って、
オイル漏れの具合を確認してみたら、、、

え!?ボルトが緩んじゃってます!?
トルクレンチで何度も締めてあることを確認したのですが、
もしかして見落とし???うむむ、ちょっとありえん。。

悩んでてもしょうがないので、トルクレンチを取り出して、
早速増し締め。増し締め。

ん?

レンチ伝いに、あの特有のいやな感触が伝わります。
恐る恐る、ボルトを緩めてみると、

あらぁ〜、ボルト折れてます。

トルクレンチのトルクは何度も設定値にしてあることを
確認していたのですが、”カチッ”という音がまったく
ありませんでした。

確かに、こんなに締めて大丈夫か??っていうぐらい、
グイグイ締め込んでいたのも事実。

また、ある箇所のボルトを締めて、カチッと振動が
あったにも関わらず、再度締め込もうとすると、
カチッと振動がないことも。。。

これって、トルクレンチの使い方というよりも、
精度の問題じゃない??

早速、近所のバイク屋さんに電話して、
新品のボルトの在庫を確認するが、やはり在庫無し。
メーカーに注文出しても届くのが土曜。
万事休す。。。

キャンプツーを諦めて、新品のボルトを入手しても、
自前のトルクレンチの精度が疑問なので、また同じことの繰り返しかも。
と思い、再度電話して、バイクを預けて欲しいと話すと、

”間に合わせのボルトで治してやるよ!”

と、救世主の声が。

すぐにバイクを持っていくと、
同サイズのボルトを探してくれて装着。

”この辺のボルトだと、トルクレンチなんか使わなくても、
T字レンチで軽くトルク掛けるだけで良いよ。”

と、アドバイスも頂く有様。

あぁ、神は私を見捨てなかった!!
ほんとにありがとう!!
次回のバイクは絶対このお店で買う事にします!

それにしても、
トルクレンチに頼って整備していた今迄の作業。
ほんとうに規定値で締められていたのか、非常に不安。

『安物買いの銭失い』

やはり、大事なものはそれなりの品を買うべきだと、
痛感しました。

救世主にお礼を言った別れ際、

”ボルトも問題ないし、トルクもちゃんと締めたから、
これでオイルが漏れたら、まぁ、間違いなくガスケットだね”

はい。。。

”ちゃんとオイルストーンで合わせ面磨いたよね?”

あうぅ・・・。

キャンプツーリング、本当に行けるんだろうか。。。