山梨・富士絶景キャンプツーリング1with V-max


7月最後の週末。

拙速仕事のクラッチ交換で、
オイル漏れやボルト折れの不具合が発生したが、
なんとかクリアして、やっとここの日を迎えることが出来た。

が、とにかく暑い!!

朝9時に高速近くのコンビニで、Vmaxさん(旧DS1100さん)と
待ち合わせしたのだが、バイクを降りるとすぐに汗が吹き出てくる。

走っていても、風が涼しいというわけではなく、
まさにドライヤーの熱風がウェア越しに入ってくる、
そんな感じだ。

日陰でも、むわぁ〜、とした熱気が地面から湧き出てくる。

こんなとこでは、おちおち喋ってもいられないので、
早速、高速に入る。

今回の目的地は、河口湖畔にある、富士山が眺望できる明光山キャンプ場。

DS1100さんが、V-Maxに乗り換えてから、ご一緒するのは初めてだ。

現行モデル前のかなり新しい車体らしいが、購入時に既にマフラーが
交換されており、アイドリングでも重厚なサウンドを奏でていた。

前置きはともかくとして、
高速に入って、いきなりのトラブル発生。

シフトダウンしようとしたら、

あれ???

ペダルがない!?

我ながら恥ずかしい、ボルトの締め忘れ・・・。

ボルトが落ちないように、左足をボルト頭に押し付けながら、
息も絶え絶えにPAへ。
急ぎの、それも慣れない仕事はやっぱりダメだな。

大汗かきながら六角ボルトを締めて、再スタート。

東名から新東名に乗り換え、初めての新東名PAへ。

舗装も建物もすべてが新しく、その規模にびっくり。
しかし、デパートの地下街みたいな、あの店内はどうだろうか。
風情を期待するのはもう時代遅れ??

新東名を降りて、R52号を北上。

山梨県の下部に入ったあたりで、急に蒸し暑くなる。

避難するために入った、道の駅しもべ。

写真だと、清々しい空に見えるが、
実際は、もう、ほんとクラクラ。

そんな熱波も、富士山に近づくにつれ、次第に弱まり、
目的地に到着。

晴れていれば、河口湖の先に富士山が見えるはずなのだが、
生憎の曇り空。

雲が晴れて太陽が出れば、暑くてしょうがないが、
せめてちょっとだけでも富士山が見たかった。
まぁ、そんな人間の勝手な要望を叶えてくれるはずもないが。

で、太陽が隠れている間にテントの設営。

このキャンプ場は、芝生が敷き詰められているが、
車両の乗り上げはOK。

でも、V-maxさんは、キャンプ場へ至る坂道、
そしてキャンプ場内でも立転けしてしまい、
入り口付近の平らな場所に駐車。

聞けば、道中のGSで給油した際、
私が知らない(見ていない)間にも、一回転んでいた様子。

そんな状況なので、気持ちも凹み、設営し終わり、
食材の買い出しから戻ったら、すぐに一人でアルコールを
摂取し始めてしまった。

以前、鳥ヶ池にキャンプした際も、転んでおり、
どちらも僕が誘ったわけで、なんとも申し訳ない。

いっぱい引っ掛けているV-maxさんと別れ、
私はキャンプのもう一つの楽しみ、温泉に向かう。

が、期待していたキャンプ場からすぐの「麗峰の湯」は
廃業していた。。。

仕方がないので、道端に「温泉」の看板があった、
「天水」に向かう。

入浴料¥1,000円也。

感想は、
れっきとした、「カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・塩化物温泉」
らしいが、キャンプ場に設置されたコインシャワーでも良かったレベル。
客入りは良かったが、知人に紹介出来る代物ではなかった。

温泉から戻ってくると、

富士山に掛かっていた雲が消えていた。

一泊二日、このキャンプ場に居て、
富士山の全貌が見えたのは、この時だけだった。

そして、

富士山を見ながら宴会を始める。

今回のキャンプは、急いで身支度を整えたので、
忘れ物が多かった。
前回使ったストーブも忘れてきてしまい、
急遽、チタン鍋に炭を入れて焼き鳥を焼く。

日本酒と焼き鳥の組み合わせは最高。
そして、なんといっても日本と言えば、富士山だ。

V-maxさんの転倒を酒の肴にしながら、
食べ&飲みまくっていたら、すっかり日が暮れてしまった。

ご来光目当ての登山する人々のヘッドライトが、
富士山山裾から頂上へ絶え間なく続く中、

僕らは寝床に就いた。。。

二日目に続く。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中