山梨・富士絶景キャンプツーリング2with V-max


キャンプツーリング二日目。

富士を見渡す清々しい朝。
と言いたいところだったが、
そうでもなかった。

というのも、僕たちが幕営していたすぐ傍の
ソロバイカーのイビキが凄まじかった。
まるで、熊かなにかの猛獣の雄叫び。

そんな訳で、朝方目を覚めてしまったし、期待していた
朝焼けの富士山は見る事は出来なかった。

趣が少ない朝だったが、お腹は減る。

今回は奮発して、ベーコン&エッグ。

それを手でぶった切ったレタスの上へ。
エスプレッソと一緒に頂くと、極楽、極楽。
お腹満杯になったら、テント&タープを撤収。

富士の青木ヶ原樹海を気持ちよく飛ばして、
馬飼野牧場で、濃厚ソフトを頂き、新東名に入る。

と、順調に行く予定だったが、
新東名に入る手前の国道で、例の息尽き症状発生。。。

プラグが原因ではなかったようだ。

炎天下でV-maxさんが心配するなか、近くのスタンドに入り、
すこし調べてみると、どうもガスが濃くてかぶっていたようだ。

林道で転倒した後のように、アクセルを思いっきり捻って空ぶかし
すると、プラグのかぶりが取れてなんとか走れるようになった。

エアクリーナーが原因かもしれないが、不幸なことに、
シートを取り外そうにも、リアシートにキャンプの荷物が満載。
とりあえず動くことが出来るので、そのまま新東名に入って、
なんとか無事に浜松に帰ることが出来た。

今回のキャンプツーリング。

正直なところ、高速道路での移動がメインだったため、
あまり楽しい旅ではなかった。

SL230だから、というのもあるが、
逆にSL230故に、旅の道程を楽しみたい。

県境越しの道路や、通り過ぎる町並み。
見慣れぬ広告やお店。
そして、立ち寄ったお店の中で飛び交う方言等々。

高速道路で移動すると、このような楽しみがまったくない。
ほんとうに辛くて、長い、移動手段。
まるで、エコノミー席での長距離フライトのようだ。

復路はまだしも、せめて目的地の往路は、
のんびりと風情を楽しみたいとつくづく感じた旅だった。

 

<<キャンプ事後>>
1、虫刺され
今回のキャンプ場。
眺めは良いが、如何せん、虫が多すぎ。

蚊取り線香を何本も焚いていたので、さすがに蚊は寄ってこなかったが、
代わりに訳のわからない虫に大量に刺されてしまった。

帰宅後、刺された箇所はまるで打撲した後のように赤く腫れ上がり、
熱も帯びて、かゆみも酷く、脈もすこし高くなってきた。

右足首に二カ所刺された。
調べてみると、この刺された虫はどうも「ブヨ」らしい。

今までいろいろなところにキャンプに行ったが、
ブヨにこんなに刺されたことは初めて。
次回のキャンプの時までに何かしら対策を練らなければ。

2、装備(テント、シェラフ)の見直し
いままで使用してきた、MOSSのテントとSierra Designsのシェラフ。
バイクに積むにはやはり大き過ぎることを改めて実感。

収納時の大きさ、重量、そして設営&撤収時の煩雑さも、
夏場のキャンプツーリングには、しんどくなってきた。

一人用のテントと、夏場用のシェラフ。
買うべきか、悩むところ。

3、高速移動は極力避けよう。
改めて言うことでもないが、SL230での高速移動は辛い。
特に新東名は、防風ネットが低く、風がもろにバイクに来る。
下道のんびりツーリングのほうが、精神的、肉体的にも心地よい。

4、バイクの不調
プラグを交換して、暫くは調子は良かったが、
ツーリング二日目に息付き症状が発生。
エアクリーナーを点検しなくちゃ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中