割れてしまったブレーキディスク


夏休みになったとたん、
天気はぐずつき模様。
それも、雷雨を伴っての大雨ときた。

降雨のなかでの林道探索やキャンプツーリング
は、出来れば避けたいもの。

天気予報はあくまでも”予報”。
もしかしたら、夏休みの後半は晴れるかも!?
と、一抹の希望を抱きながら、もしものために
SL230の整備をしておきましょう。

まずは、先日の林道探索で発覚した、
リアブレーキディスクのクラック。

バイク屋さんに注文していた純正品が
夏休み前に届いたので交換します。

新品の純正ブレーキディスク。
社外品のウェーブディスクの方が幾分安くて、効きが良いらしい
ですが、個人的にあまり効きすぎるのは好きではないので、
今回は純正品をチョイス。

早速、リアホイールを外して、
再度クラック具合を確認。

けっこう割れてますねー。
こんな状態で今迄走っていたなんて・・・。
ちょっと驚き、というか、怖い。

とりはずしたディスクを留めていた4本のボルトに
ネジロックをつけて、

交換終了。
ネジロックの完全乾燥は24時間かかるみたい。

お次は、汚れたチェーンを灯油で清掃。

林道を一日走っただけで、この汚れ様。
シールチェーンは面倒なので、次回はノンシールにしようかな。

最後は、以前行ったフロントフォークの突き出し量の増加
元に戻します。

これを、

ほぼツライチにします。
操縦性はすこしダルになるかも知れませんが、
ただでさえ少ない、SL230のフロントストローク量を
更に少なくするのは、やはり本末転倒なので。。。

さて、バイクの準備は万端。
あとは、天気予報が外れることを祈るか。