森町・春埜山周辺の廃道酷道探索 〜 滝沢線


春埜山周辺の林道探索。
前回の「白山作業道(仮)」へ至る、春埜山林道の
取付箇所から、更に北上していくと、
左手に分岐している林道があります。

*写真の奥、法面の上になにかがいるよ!!

「林道 滝沢線」
林道入り口には、通行止めの看板が倒れていますが、
気にせず?行ってみましょう(笑)

起点からダート。これは期待できそう。
と思って走りだしたら、

前方の法面上に走っていくイノシシ?発見。
林道を走っていると、いろんな動物に遭遇しますね。

イノシシ君を抜いて進んでいくと、

結構な崩落が待っています。
四輪は厳しいけど、バイクなら余裕で通過。
崩落箇所から下り勾配が大きくなっていきます。

案外標高が高いみたい。
暫く進むと、

前方にすごい角度のヘアピンと、
急降下していくような勾配のダートが。
まるで、崖から飛び降りるような感じ。
ちょっと怖いなー。

きついコーナーRと下り勾配のヘアピン。
ガレてないのが救いです。

右へ左へ、急勾配のヘアピンカーブが続きます。

ガードレールの様子で、
山の側面を這うように道が造られているのが
よく分かりますね。

それにしても、ここまでして、ここに道を造る理由って
なんだったんだろう。

その後、

高度をどんどん下げて、

コンクリの簡易舗装へ。

ほどなくして、集落脇に辿りつきます。
合流した舗装路は、県道389号。

その道端には、朽ち果てた林道標示。
 


林道 滝沢線 約1.2km
 

距離が短いが故に、かなりの高低差を下る(登る)ので、
高所恐怖症気味の僕には、ちょっと怖かった。

この林道は、春埜山林道から、春野町胡桃平集落へ
抜けていますので、森町から春野へ、またその逆で、
林道から林道への繋ぎとして走行するのがいいかと思います。

今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中