森町・春埜山周辺の廃道酷道探索 〜 春埜山参道線1


春埜山林道の周辺林道探索はまだまだ続きます。

前回ご紹介した「滝沢線」入り口を過ぎて、
春埜山林道を更に北上していくと、
右手に分岐が現れます。

路上に朽ち果てた「悪路注意」の看板。

この道は、森町・三倉に抜けれるようです。

「悪路注意」と書いている割には、

入り口付近はご覧のような超フラットダート。
砂利がまだ新しいので、最近重機で整地された感じ。

では早速探索開始です。

この道への入り口は、ペアピンカーブの途中にあります。

超フラットダートを少し下っていくと、

分岐があります。
本線は左側。右側の道は地図上だと行き止まり、のはず?

それにしても、めちゃくちゃ奇麗に整地されてますね。

たまに整地されてない部分もありますが、
悪路とはほど遠い感じ。

広めの馬の背を通り、

爽快に尾根を快走。路面は相変わらずのフラットダート。
勾配も緩やかでこれなら初心者でも大丈夫そう。

しばらく下って、

分岐です。ここは道なりに右へ。
左はたぶん行き止まりかな?

路面は相変わらずフラット。

この林道唯一、太陽が拝める箇所。
雄大な景色は、このダートにはありません。

下り勾配がすこしずつきつくなっていき、

※注意※
7月22日通行時、下写真のように、
この付近で法面が崩れていましたので注意してください。

ヘアピンカーブ。

対向車(バイク)が来るかも知れないので、
ブラインドコーナーではキープレフトです。

ヘアピンを超えて、またヘアピン。

そしてフラットダートへ。

しばらく走っていくと、

ん?前方に何かある?

バリケードが設置してあり、黄色のロープが道を
横断しています。

ここも分岐になっており、
直進と右へ下る枝線があります。

ちなみに直進する道はここから完全舗装されていて、

暫く走って、茶畑の中で「大平線」に接続します。

電信柱の脇に「春埜山→」と書かれた看板有りました。

それでは、先ほどのバリケードがあった所から、
右へ下っていく道の様子はというと。

それは次回のお楽しみ。

お疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中