天竜・百古里の穴場林道 〜 大平百古里線


さてさて、
前回までは、「百古里線の全貌解明」なんて、
大袈裟に風呂敷を広げてしまい、

それぐらいかよー!!

と思われる方もちらほらいたんじゃないでしょうか?

なので、今回からいつも通りの地道な?レポートに変更です。

今年の春頃に走ったのですが、なかなか機会がなくて
紹介出来なかった「林道 大平百古里線」のご紹介。

R362号沿いの「道の駅 横川」から北上してすぐ、
右に曲がり、横川・大平(おいだいら)集落方面へ。

集落奥から急に、

渓流沿いにダートが始まります。

暫く走って、

道路脇に「林道 大平百古里(おいだいらすがり)線」の起点標示。

それにしても、
大平百古里”と書いて、”おいだいらすがり”と読める人って、
地元以外に居るのでしょうか?

ま、それはともかく、渓流沿いのフラットダートを
走っていくと、

分岐に遭遇。

左折すると、橋があり、
白いガードレールが設置されています。

本線は緩やかに右にカーブ。

左折する道と本線の間にも道がありましたが、
踏み跡が弱いので進入するのは止めておきました。

本線探索の前に、まず左折してみます。

橋の上のはずなんだけど、
水たまりでぐちゃぐちゃです。

本線より若干道幅が狭くなっています。

暫く登って直進する道との分岐。

本線は、ぐるーと右に曲がって登っていきます。

直進路をまずは探索。

意外と人が入った形跡がちらほら。

木製の橋?

比較的新しく伐採された感じのところへ。

180度ターンして、登っていきます。
が、

ちょっと路面状況がヤバそうなので、ここで撤退し、
さっきの分岐まで戻ります。

直進してきたので、今度はこの分岐を左へ。

苔むしたダートを登り、

左に続く登り道と、

右側の怪しいダートの分岐へ。

当日の探索はここまででしたが、
後日地図を確認してみると、
左右ともに、鉄塔巡視路でした。

左に折れていく道は尾根近くの鉄塔まで行き、
そこから尾根伝いに巡視路が東西南北に走っている様子。
すぐ北の山裾を走っている「林道 中山長沢線」の支線に
合流する可能性も。

巡視路の定期メンテは毎年6、9月とのことなので、
秋以降に再度探索してみましょう。

ということで、本線に戻ります。

橋の上なのに、まるで水の中を走ってる感じ。

橋を超えて、右側の本線に進みます。

珍しくガードレールが設置されてます。

お決まりの「水源保全林」の看板。

路面は硬く湿った土系で、ほぼフラット。
ストレートがあまりなく、右へ左へのコーナーの連続です。

しばらくそんな道を走っていくと、

ちょっとした広場が。

「林道 大平百古里線」の終点標示箇所でした。
終点より先にもダートが続いていたので進んでみます。

左の分岐はパスして、本線をどんどん登ります。

路面は相変わらずの土系のダート。
ガレてないのが嬉しいですね。

今度は右へ下る分岐点。

よく見ると、ガードレールが設置してあります。
本線探索終了後に寄ってみましょう。

そのまま道なり走って、

伐採現場らしき所に出てきます。

ダートはまだ続いてます。
いったいどこまで行けれるかな?

伐採場所から若干勾配がキツくなります。
とはいえ、普通に登れるのでご安心。

左への分岐。ここもスルーして右の本線を登ります。

すこしずつ、太陽の光が森に差し込んでくるようになり、

前方が急に明るくなります。

鉄塔?崖??

尾根に突き当たったところで、左に90度曲がり、
今度は尾根沿いを南に走っていきます。

標高500m程度だけど、結構気持ちいい感じ。

で、そのまま進んで、

行き止まり。

水場がないのが残念ですが、
ロケーション的に幕営すると最高でしょうね。

今来た道を戻りましょう。

写真の奥に道みたいなのが見えますね。

実は以前。その奥からこちら側を撮影していました。
それがこの写真。

写真右に映っている林道が「大平百古里線」の一番最後尾?
国土地理院の地図では、その先に登山道があり、
百古里川まで降りれるようですが、どうなんでしょうね。

ちなみにこの道は全線舗装路でした。

さて、残る最後の探索は、
本線から右に降りていくガードレールの支線です。

一服休憩して、分岐まで戻ります。

ガードレールは分岐付近だけ。

軽い馬の背を通っていき、

倒木と両脇の木々の浸食が激しく、ここで撤退。

後日地図を確認したら、この先も路が続き、本線近くまで
至っている感じで、もしかしたら、本線に抜けれるかも。

秋以降、再探索しましょう。

 

 

「林道 大平百古里線」
渓流沿いをぐんぐん登っていく、ほぼ全面フラットダートの
快適林道。

ガレた所や酷く荒れた所もないので、初心者でも安心して
走ることが出来そう。

ピストンですが、枝線、支線含めると約6kmなので、
十分楽しめるかと。

そして、本線最後の行き止まりで風景がどっと開けて、
何とも言えない達成感も味わえるはず。

意外とおすすめですよ、この林道。

広告

「天竜・百古里の穴場林道 〜 大平百古里線」への4件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    日中の暑さが弱まってきたら
    林道デビューしようかと思ってます。
    「林道 大平百古里線」、行ってみます。

    1. >versatility_garageさん

      コメントありがとうございます。
      久しぶりに私のブログを見ている方からコメント頂いたので、
      嬉しいです。

      今年は未だに30℃超す暑さで、草木も虫達も元気いっぱいなので、
      10月初旬から中旬あたりからが、丁度よい時期かもしれませんね。

      「大平百古里線」もなかなかですが、
      林道デビューでしたら、「観音山林道」の方が景色も良く、距離もそこそこあって
      市街地から近いのでお薦めですよ。

      もしどこかでお会いしたら、
      一声かけてくださいね。

      では、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

      1. こちらこそ、宜しくお願い致します。
        開けた景色の場所に行きたいので、おすすめの『観音山林道』へ行ってみます。
        ランツァ顔の青・白TWでスパトラパタパタいいながら山道ウロウロしてたら私です(汗)

        1. >versatility_garageさん(ですよね?)

          コメントありがとうございます。

          「観音山林道」は是非行ってみてください。
          他にも景色が良い林道はたくさんありますので、
          気になるところがあれば質問してくださいね。

          林道もそうですが、TWだと、獣道や廃道なんかも
          結構走れそう。
          機会があればご一緒しましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中