備え無ければ憂い有り


2週間ぶりの林道探索。
今回は愛知・東三河方面の再探索へ向かいます。

しかし、探索し始めると、蜘蛛の巣が非常に多くて
とっても気持ち悪い。

実は私、昆虫類の中で、蜘蛛が大の苦手。
苦手というか、ダメなんです。

なので、

枝作戦!!

これはいい、と思っていたら、

ちょっとしたガレ場でバランス崩して、
危うく転落しかけました。

やはり片手運転は危ない。

今日はまったり行く事にします。

上の平周辺で古道のような路を発見。

道祖神らしき石仏がありました。

立派な切り通しですね。
昔は人の行き来が多かったのかな。

「作業路 岩久保線」にて
これって登れるかなぁ。

う〜ん、やってみたいけど、、、
やっぱり辞めておこう。

J山へ至る初めての道。
えらい荒れてますね。

おぉ!!これはなかなかのガレ具合。
このガレ道、上までしっかり繋がってます。
※詳しい場所はメールにて!

ヒィヒィ言いながら登って、
例の登頂ヒルクライムコース
に寄ってみると、

あらら、奇麗に整地されてた上に、
一部コンクリ舗装化へ。。。

また一つ楽しいルートが消えていきます。
寂しいですね。

寺野線」の撮影ポイント。

ここもいい雰囲気ですね。

鳶ノ巣線」の起点にあるベンチで昼食を取った後、
くんまに向かう途中、

やってしまいました、リム打ちパンク。
IRC GP-21に変えてから、
終始付きまとっていた不安が的中です。

その上チューブセットは不覚にも今回不携帯。

ならばと、

パンク修理剤の初出勤!!

でもダメでした・・・

任意保険料払ってるんだから、使わなきゃ。
ってことで、SL230、二回目のレッカー依頼。
※一回目の詳細はこちら

片道100kmまで、契約期間中、何回使っても無料♪
ガス欠でもガソリンを持ってきてくれます。

でも、携帯が通じる所じゃないと意味がありません。
幸い、鳶ノ巣山周辺は電波3本!!

っていうか、次回からはちゃんとチューブ持参しなきゃね。

広告

「備え無ければ憂い有り」への2件のフィードバック

  1. 片手に 棒っ切れ を持って走っている姿を想像したら、
    思わず声を出して笑ってしまいました。 反省してます。

    同じパンク修理剤を持ってますけど、ダメなときが多いんでしょうか?
    前輪はパンクしないものと思いたかったのですけど、やっぱりパンクしますよね
    参考にさせてもらいます。

    では、では、

    1. >わたるさん

      こんばんわ〜。
      蜘蛛の巣や糸はなんとか我慢できるのですが、
      時たま”本体”もくっついてくるので、苦渋の選択でした。
      でも本当に危なかったので、今だから笑える話です。
      どんどん笑ってください(笑)

      リム打ちパンクは、釘やガラス等でのパンクと違い、
      チューブが”線状”に切れるので、パンク修理剤は効かない
      ようです。
      空気圧を規定値通りに入れてれば、あまり心配しなくも
      良いと思いますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中