SL230整備 – パンク修理など


ロードサービスから一夜明け、
朝からパンク修理です。

外したタイヤチューブ。
白くなっているところがリム打ち箇所。

パンク修理剤の白い液が出てますが、さすがにこれは
無理だったみたい。

T63を履いている時は、リムロック無しのノーマルチューブで
エア圧を0.7ぐらいまで下げてガレ道を走りましたが、
まったくのパンク知らず。

チューブが走行中にズレて、バルブの根元からチューブが切れて
パンクするということもありませんでした。

やはりこの差異はタイヤ自体の剛性の違いでしょうね。

ま、暫くは大人しく乗れってことだな、と一人納得して、
新品のチューブを入れて、タイヤを嵌め込こんでいたら、
嫌な感触が・・・。

午後から台風が接近してくるってことで、
急ぎで作業してたら、タイヤレバーでチューブを傷つけて
しまいました。

しょうがないので、

XLR250Rのフロントホイール+タイヤを装着。
アクスルシャフトはSL230用で。

ちなみに、CRM250Rのフロントホイールは、

アクスルシャフトの径が違うので取付出来ません。

左がSL230、右がCRM250R(倒立フォーク)のカラー。

内径が違うのが分かりますよね。

一方のリアホイールは、

そのまま装着可能。※チェーンラインが微妙にズレます。

ただし、純正リアスプロケットの径がSL230よりも
大きいので、そのままではチェーンの長さが足りないので
スプロケット交換もしくはチェーンの駒数変更が必要です。

スウィングアームにスプロケットが当たりそう。

チェーンラインは問題なさそうかな。※ズレます。

CRM250Rのホイールに装着されていた
モトクロスタイヤ(110/100-18)は、

外径、幅ともに大きくて、タイヤブロックが
スウィングアームに接触します。
*タイヤを一番奥にした状態。

やはり、SL230で履ける、
ブロックが高いオフロード用リアタイヤは、
「100/100-18」が限界みたいですね。

今日は時間がありませんでしたが、
CRM250Rのブレーキキャリパーやブランケットも
付けれそうな感じなので、また後日ご報告します。

<<ハンドルブレース装着後のインプレ>>
HARDYのハンドルブレースをこのあいだ装着し、
土曜日に初走行。

一般走行は、
ハンドルの剛性が高くなったために、
タイヤやエンジンの振動がダイレクトに伝わり、
快適ではありません。

ハンドガードを装着するために、ハンドル内からウェイトを
取り除いたのも影響しているのかも。

次に肝心の林道走行。
剛性が高くなったために、ハンドルが振られることがなくなり、
今迄あっちこっち向いていたハンドルが、ピタッと決まります。

特に、ちょっとガレている場所など、路面が荒れている所を走ると、
フロントが安定して、安心して走行出来るようになりました。

総じて、
ツーリングメインの使用なら、装着しない方が疲労が少ないと思います。
逆に林道をメインに走るのなら、是非装着した方が楽に走れます

なので、キャンプツーリングの時は、外して走ろうと思っています。