SL230整備 – パンク修理など


ロードサービスから一夜明け、
朝からパンク修理です。

外したタイヤチューブ。
白くなっているところがリム打ち箇所。

パンク修理剤の白い液が出てますが、さすがにこれは
無理だったみたい。

T63を履いている時は、リムロック無しのノーマルチューブで
エア圧を0.7ぐらいまで下げてガレ道を走りましたが、
まったくのパンク知らず。

チューブが走行中にズレて、バルブの根元からチューブが切れて
パンクするということもありませんでした。

やはりこの差異はタイヤ自体の剛性の違いでしょうね。

ま、暫くは大人しく乗れってことだな、と一人納得して、
新品のチューブを入れて、タイヤを嵌め込こんでいたら、
嫌な感触が・・・。

午後から台風が接近してくるってことで、
急ぎで作業してたら、タイヤレバーでチューブを傷つけて
しまいました。

しょうがないので、

XLR250Rのフロントホイール+タイヤを装着。
アクスルシャフトはSL230用で。

ちなみに、CRM250Rのフロントホイールは、

アクスルシャフトの径が違うので取付出来ません。

左がSL230、右がCRM250R(倒立フォーク)のカラー。

内径が違うのが分かりますよね。

一方のリアホイールは、

そのまま装着可能。※チェーンラインが微妙にズレます。

ただし、純正リアスプロケットの径がSL230よりも
大きいので、そのままではチェーンの長さが足りないので
スプロケット交換もしくはチェーンの駒数変更が必要です。

スウィングアームにスプロケットが当たりそう。

チェーンラインは問題なさそうかな。※ズレます。

CRM250Rのホイールに装着されていた
モトクロスタイヤ(110/100-18)は、

外径、幅ともに大きくて、タイヤブロックが
スウィングアームに接触します。
*タイヤを一番奥にした状態。

やはり、SL230で履ける、
ブロックが高いオフロード用リアタイヤは、
「100/100-18」が限界みたいですね。

今日は時間がありませんでしたが、
CRM250Rのブレーキキャリパーやブランケットも
付けれそうな感じなので、また後日ご報告します。

<<ハンドルブレース装着後のインプレ>>
HARDYのハンドルブレースをこのあいだ装着し、
土曜日に初走行。

一般走行は、
ハンドルの剛性が高くなったために、
タイヤやエンジンの振動がダイレクトに伝わり、
快適ではありません。

ハンドガードを装着するために、ハンドル内からウェイトを
取り除いたのも影響しているのかも。

次に肝心の林道走行。
剛性が高くなったために、ハンドルが振られることがなくなり、
今迄あっちこっち向いていたハンドルが、ピタッと決まります。

特に、ちょっとガレている場所など、路面が荒れている所を走ると、
フロントが安定して、安心して走行出来るようになりました。

総じて、
ツーリングメインの使用なら、装着しない方が疲労が少ないと思います。
逆に林道をメインに走るのなら、是非装着した方が楽に走れます

なので、キャンプツーリングの時は、外して走ろうと思っています。

広告

“SL230整備 – パンク修理など” への 6 件のフィードバック

  1. 今日は休みでしたので予定通り光南線から本宮山へ行ってきました。

    TWのタイヤは純正のTW31&34(選択肢が無くて…)ですが、空気圧を落としてこそバルーンタイヤの本領発揮!って事で、私の様なトコトコペースで林道走る分には全く問題ありません。
    足廻りがダメな分を幾分カバーしてくれるので、TWにとっても林道での空気圧調整は必須です。

    今回も地図データお借り致しました。ありがとうございました。

    1. >versatility_garageさん

      光南線は尾根付近のダートが気持ちよいですよね。
      本宮山線は勾配がキツく、路面も荒れていたと思うので、
      空気圧の調整をしといた方が楽に走れたと思います。
      SL230もトレールバイクなので、絶えずサスのストローク不足なので、
      空気圧調整は必須です(^^;

      地図データ、お役に立てて嬉しいですねー。
      これからも、じゃんじゃん使ってください。

  2. フロント用のチューブがあれば最悪リアタイヤにも
    使えるので生還率が上がりますよね 
    携帯用のエマージェンシースタンドもし持っていなかったら
    あるといざとゆうとき便利ですよ。

    1. >ポチ改めロイジさん

      コメントありがとうございます。

      生還率、非常に重要なところですよね。
      今回はあまり激しい所に行かない予定だったので
      チューブを置いてきたのですが、そういう時に限って、、、
      ですよね。

      エマージェンシースタンドは、以前使っているのを
      見させてもらいました。便利ですよね。
      でも、ネットで探しても売ってないんで、
      木の株の上にバイクを跨がらせて作業すれば
      いいかなぁ、と思っています。
      まだやったことないですが・・・(^^;

  3. こんばんわ(^-^)
    うーん、とても参考になります。オイラはチューブレスのパンク修理はやった事あるんですが、SLのフロントのチューブ・・・これは不安要素です。どこかで練習しとかなあかんなと思うてます。山の中というか、山頂とかでパンクすると(レッカー)レスキューって厳しいですもんね。ていうか、チューブ用のパンク修理セットってまだ買ってない・・・
    以前の記事で、ホルツのシューってするやつ使ってはりますけど、チューブタイヤでも使えるもんですか?すんません、レベル低い質問です(^^;)

    1. >M[えむ]さん

      コメントありがとうございます。

      林道走ってて、今回が二回目のパンクでした。
      一回目で懲りて、パンク修理剤(ホルツのシュシュってやつです)を
      常時携帯して、今回初めて使ったんですが、パンクの種類によっては
      効果がないことが分かりました。

      たぶん、釘や鋭利な先がチューブに刺さってのパンクなら、
      ホルツでもいけたのかなぁ、と思いますが、
      リム打ちパンクは、かなり広範囲にチューブが裂けますので、
      チューブの交換若しくは補修しか生還の方法はないと思います。

      というか、純正サイズのフロントタイヤは、空気圧を落とすと
      とたんにパンク率が高くなるので、いかんです。
      今後は、
      パンク修理セット、予備チューブ、タイヤ交換工具一式
      を常時携帯するようにします。
      M[えむ]さんも、気をつけてくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中