林道ツーリングをしよう!!ウェア・装備選び等


林道ってなに?

オフロードってなんなの??

そんな感じで、ほんとうに何も分からない中、
手探りで始めた林道探索も、
今年の10月で二年目に入りました。

一年間走ってみて、
林道走行に必要な最低限の装備について、
改めて自分なりに考えることにしました。

林道を走りたいけど、どうしたらよいか分からない。
走るにあたって必要なモノってあるの??
走りたいけど、なるべくお金を掛けたくない!

という方の参考になれば嬉しいです。

ただ、あくまでも私の考えですので、

それは違う!間違ってる!!

なーんて意見も多々あると思いますが、
素人の戯言と思って軽く流して頂ければ、
尚嬉しいです。(笑)

<<何処に行けばいいの?>>

私も最初、何処に行けばいいか、分かりませんでした。
ネットで色々情報を探しましたが、地元の林道情報は
あるものの、古いものしかなく、位置もいまいち
はっきりしない。

そんなとき、

たまたま手元にあった
ツーリングマップルを見たら、
林道(未舗装路)がいくつか載っていたので、
まずはそこに行ってみることにしました。

ツーリングマップルの林道案内は、主だったものしか
載せていないので、走り慣れてくると物足りなくなりますが、
逆に言うと、林道を走り慣れていない人(僕)には
丁度いい感じ。

また、

ダートライド」というサイトに、
全国各地の林道情報が写真付きで細かく記載
されているので、これを参考に走ってみるのも
良いかもしれません。

※補足:用語解説※
「林道」と一言に言っても、
様々な種類(国有林林道、民有林林道等)がありますが、
その形態でよく言われるのが、「完抜」や「ピストン」。
完抜」とは、
起点と終点が他の林道や舗装路と繋がっているもの。
ピストン」は、
途中で行き止まり(延伸工事中等)でまた戻ってこなくてはいけません。
出来るなら、すべて「完抜林道」で走り続けたいですよね。

<<何を履いていけば、着ていけばいいの?>>

舗装路メインで、たまたま行った先がダートだった、
程度であれば、特に何も必要ないと思います。

私が思う、林道を走るにあたっての最低限の装備は、
1、オフロードブーツ
2、エルボーガード、ニーガード(ニーシンガード)
だけで良いと思います。

もっというと、
オフロードブーツじゃなくても、
ハイキング用シューズ+ニーシンガード
だけでもOKかと。

ガード類は転倒時の怪我防止もありますが、
走行中に飛んでくる石や枝から守る意味もあります
ので、林道走行に限らず、バイクに乗る際には
必ず装着しておきたいものです。

<<オフロードウェアは高い!?>>

お金が無尽蔵にある方以外は、いきなり全てを
揃えるのは金銭的にかなりの負担です。

林道を一年走って、いろんな道具やウェアを
試しましたが、結論として、
これを着なくてはいけない!!
というのは、極一部だけだと思います。

また、オフロード用品以外にも、安くて
使い易いものもがたくさんあるので、
それを流用すると、普段着にも使える
ので一石二鳥になります。

以下装備別の私の考えです。

[ ヘルメット&ゴーグル ]

ヘルメットはオンロード用フルフェイスでも、
ジェット型でもいいと思います。
特にジェット型はオン/オフどちらでも違和感がないので
二台持ちの方はいいと思います。


「Arai S-70」

ただし、シールドの場合はクリア系にしておかないと、
瞬時の路面状況の把握がしずらいので注意が必要です。

また、上の写真のように、
ヘルメットの上部に”ひさし”が着いているものも
ありますが、あれがあると、
逆光時に太陽の日差しを遮ってくれるので
大変重宝します。

次にゴーグルですが、
どんなヘルメットにするかで、ゴーグルを使うか
使わないかが決まってきます。

ジェット型だと使用しない方のほうが多いかと
思いますが、
一方のオフロード用ヘルメットは、
シールド付きと無しがあり、使う人の好みで
分かれるようです。


「Arai TOUR CROSS 3 」※シールド付きオフロードヘルメット

私は林道ツーリング程度であれば、シールドで十分だと思いますが、
個人的にシールド特有の歪みが気になるのでゴーグル派です(笑)


「DRAGON MDXゴーグル」

初めてのバイクがオフロードタイプで、
林道走行が目的なら、オフロード用ヘルメットもしくは
ジェット型を購入した方が良いと思います。

[ ブーツ ]

転倒等や林道上にある木の枝や倒木等に触れて
怪我をするのを防ぐのが目的です。

先に書いたように、
ハイキングシューズ+ニーシンガードでも
代用できますが、
転倒して足がバイクの下敷きになるようなケース
だと、オフロードブーツを履いていた方が
怪我の確率はかなり低くなると思いますので、
バイクに乗り慣れていない人程、
履いていた方が無難かと。

ただ、
オフロード用ブーツは安い物で15000円位から、
高いものだと50,000円近くします。
ヘルメットと同じくらい高い買い物ですよね。


「Gaerne ED-Pro」


Moose Racing M1.2 Boot(ブロックソール)

メーカー、価格、色等、選択肢が多いですが、
モトクロスを本格的にやるのでなければ、
自分のお財布と好みで選んでいいかと
思います。
*オフロードブーツ選びの参考サイト

よく、

林道を走るなら、ブロックソール
(ビブラムのような)のブーツにしなさい!

みたいなことを書かれている所もありますが、
一般的な林道走行(ちょっと語弊がありますが)だけなら、
特に気にする必要はない、と、私は思います。

ガレて濡れた岩場や、勾配が急な山中など、
俗に言う”アタック”や”ゲロ”とか言う、ハードな
走行を”主たる目的”としないのであれば、
スニーカータイプのソールでもいいと思います。

尚、購入するにあたっては、以下の項目について
確認しておいた方が良いと思います。

1、サイズ選び
履いていくうちに、足に馴染んできますので
ブカブカよりも、多少キツメの方が良いかも。
メーカーによって作りが違うので、
出来れば試し履きを。

2、ふくらはぎの太さ
装着予定のガード類(ニーガードもしくはニーシンガード)
を装着して履く事が出来るか確認しておいた方が良いと
思います。
※ふくらはぎが太い人は要注意!

余談ですが、
最近個人的にいいなぁと思うのは、
アドベンチャータイプのブーツ。


「Gaerne G-Adventer boot」

完全防水で、ガチガチに硬くなく、且つソールも
グリップしそうな感じで、長距離のツーリング
にはもってこい。

値段も比較的お手頃なので、臨時収入があれば
買いたいぐらいです。

[ グローブ ]

わざわざオフロード用を購入しなくても、
オンロード用の薄手のグローブでも十分。


「RSタイチ アームドメッシュグローブ」

もっといえば、
ホームセンター等で購入できる、
作業用手袋や自転車用(指先が隠れるもの)
が非常にリーズナブルで使いやすく、
破けても、すぐに買い替えられるのでおすすめです。

最近お気に入りの作業グローブ。
フィット感、滑りにくさともに最高!


「Wizard ウィンターグローブ(自転車用)」

オフロード用グローブのほとんどが海外メーカー
のもので、手のサイズがいまいち合わないという
理由もあります。。。

[ ジャケット ]

バイク用であれば、オフロードに特化したもの
でなくても大丈夫です。


「ROUGH&ROAD ツーリングジャケット」

丈は写真のようにすこし長めのものが良いと
思います。

このタイプは海外メーカーでもたくさん
出ていて、そのほとんどは防水仕様になっています。


「Spyke Nordkinn Man WP Touring Jacket」

値段も海外通販で購入すれば、
国内メーカーと遜色ありませんので、
色やデザインで選ぶのも良いかと思います。
※海外メーカーのものは、西洋人向けに
手が長めに出来ていますので要注意。

個人的には、
スズメバチに攻撃されにくい?
黒色以外のジャケットが良いと思います。

[ モトクロスパンツ(モトパン) ]

オフロードブーツの中に裾を入れて履く、
”ブーツインタイプ”が主流です。

動き易いように立体裁断されていたり、
汗をかいても涼しいようにメッシュが各部に
施されています。

また、ちょっとした転倒では破れないぐらい
生地が厚くなっています。

派手なモノが多いので、初めて履く時は、
とても勇気がいります(笑)

そういう方におすすめなのが、
ブーツの外に裾がくる、「ブーツアウトパンツ」


「Fox – 2013 Womens Switch Pant」

写真は女性用ですが、
男性用も”ブーツインタイプ”より落ち着いた色や
デザインのものが多く、ゆったりとした履き心地です。

ジーンズやチノパンでも代用できますが、
中にニーシンガード等を装着(外側にも装着可能)
しなければいけないので、手持ちのパンツで
試してみる必要がありますね。
もちろんオンロード用のライディングパンツでも
問題ありません。

[ オフロードジャージ ]

動き易く、速乾性生地で、
中にプロテクター類を装着しても
良いように、大きめに出来ています。

これも、オフロード用をわざわざ購入しなくても、
トレーニング用や登山、ハイキング用の長袖シャツ
(1サイズ大きめで、速乾性)でも十分代用できます。


「Mont-Bell ジオライン 3Dサーマル ロングスリーブジップシャツ」

柄や色が派手すぎて嫌!
という方や、
林道途中でバイクを降りて、
登山やハイキング等に
行かれる方にはおすすめです。

[ プロテクター類 ]

林道は舗装路と違い、路面状況が様々です。

硬く締まった路面、砂利敷きの滑り易い路面、
大小の石や岩がゴロゴロしているガレ場、
ドロドロのぬかるんだ路面、木の枝や倒木等等。

その上、平ではないところも多く、
バイクを安定して走らせることは
なかなか難しい。

なので、転倒する可能性も必然的に高くなり、
そのための防具が必要になってきます。


・肘を守る、エルボーガード


・膝と脛を守る、ニーシンガード(ブレース)


・胸部や肋骨を守る、チェストガード


・背中や脊髄を守る、バックガード(脊髄パッド)


・同じく脊髄を守る、ネックサポート(ブレース)

などなど、
体中、ガードだらけですね(笑)

でも、逆に言えば、バイクに乗るということは、
それだけ怪我や後遺症、最悪は死に至る可能性が
高い
ということでしょう。

なので、上記に挙げたプロテクター類の
全てを着けておけば大丈夫!とは言えません。

ただ、バイク用ジャケットやパンツには購入時に
プロテクター類のほとんどが内蔵されているものが
多いので、足りない分を少しずつ新たに購入するのも
いいかも知れません。

[ 携帯装備工具類 ]

これについては以前にもブログで取り上げましたが、
人によって必要とするモノは様々です。
とはいえ、トラブルや故障はいつ起きるか分かりません。

複数台でのツーリングだと、自分がトラブっても、
なんとかなる可能性が高いですが、
ソロの場合は最低限、自走出来るように修理するか、
レッカー等の依頼の手配をする必要があります。

ましては、オンロードと比べて、林道の交通量は
非常に少ないので、通りかかった人に助けてもらう、
なんてことは、あてにしてはいけません。

林道走行時のバイクのトラブル、故障で一番可能性が高いのは、
パンク(チューブタイヤ)レバーの破損だと思います。

パンク修理は自分でタイヤ交換が出来なければ、
修理することは難しいので、そういった場合は、
・携帯電話でレッカー(友人?)での引き上げ依頼をするか、
・パンク修理剤を注入して自走するか*

のどちらかで対応するしかないでしょう。
*大きな岩や段差等にホイールのリムが強く当たって
広範囲にわたってチューブが破けてパンクする、
「リム打ちパンク」にはあまり効果がありません。

一方のレバーの折れは、予備のレバーと工具があれば、
交換してツーリングの続きを堪能することが出来ます。


「Cycra Pro Bend CRM Handguards」

また、レバーの破損防止として、ハンドルにブッシュガードを
装着しておくのもおすすめです。
※100%防止出来るものではありません。

と、長々と書き連ねて、
余計迷わせてしまったかも知れませんが、
初めの一歩は誰しも勇気が必要です。
思い切って出掛けてみましょう。

さぁ、林道へ出かけてみよう!
きっと、何かが見つかるはず!

ただし、
林道走行は、オンロードを走るよりも、
転倒や怪我の確率、
そしてバイクにまつわるトラブルの
発生率が高くなる

ので、そのために、

何を着ても、履いてもいいが、
怪我を防止し、
トラブルや故障があっても、
自走出来る、帰宅できる手段を
用意周到しておくこと

を心得て出掛けてみましょう!!

林道ツーリング真冬編こちら

※baja1000での優勝経験もある、
アメリカのオフロードライダー「クイーン・コディ」さんの
オフロードを安全に走るためのtipsも参考になりますよ。
Quinn Cody’s Off-Road Safety Tips for Adventure Riders」(英語のみ)

林道探索 一年を過ぎて


師走が近づき、
ふと気がつくと、
林道探索を始めて一年が過ぎていました。

オフロードバイクで未舗装路を
初めて”まともに”走ったのも一年前。

本ブログを始めてから、いろんな方といろんな所に
走りに行きました。
*みなさん、ほんとうにありがとうございます!

あんな路、こんな路。
最近はよりハード指向になりつつありますが、
巧くなりたい、というよりも、

楽しく♪走りたい

というのが基本スタンス。

林道を気持ちよく流して走るのも、
道無き道を開拓して走るのも、
非常に面白い。

小さい時、住宅地の垣根がコンクリートで
仕切られていて、その上を歩いて探索した記憶。
林道探索もその延長のような感じ。

この道はどこにいくのだろう?

この先に何があるのだろう?

地図に載っていない道の行き先。
日常からほんのすこし離れただけで、
そこには少年時代のあのワクワクした
思いや感動を与えてくれる林道がある。

そして、

下手なりに、ハードな道を、いろんな人に
助けてもらいながらも、走り切った後の達成感。

速い、遅い、巧い、上手、下手等、
そういう簡単な枠に捕われない、
無限の楽しみが林道、オフロード走行にあるのも事実。

山や渓流などの、
自然の美しさ、素晴らしさに感動し、
それと同時に、
その神々しい程に凛とした大きな存在感に
畏怖の念を抱かされる。

林道を走るにあたって、
ヘルメットやブーツ、プロテクター類等、初期投資は決して
安くはないですが、その投資以上の面白さや感動や達成感を
を得る事ができ、そしてそこには”浪漫”があります!

やっぱり、未舗装路はいい!!

そんなことを改めて考えた今日この頃。
静岡西部の林道探索が一区切り着き、
最近興味があるのが、オフロードバイクでの草レース。

そのなかでも特に、
エンデューロレースクロスカントリーレースと呼ばれる、
森の中にコースを設定して、規定時間内での周回数を
競うレースが楽しそう。

レースと言われる類いは、四輪では程々に出ていたんですが、
バイクではまったく経験がないので、今はネットで色々と
情報収集中。

来年もなんだか楽しくなりそうな予感・・・?

龍山周辺随一の長距離林道 – 瀬尻/椎ヶ沢林道


旧龍山村周辺の林道。

この界隈で1林道だけで10キロを超えるのは
数本しかなく、そのほとんどは既に全線鋪装済み。

唯一ダートが残っているのは、今回レポートする
瀬尻/椎ヶ沢林道」だけになってしまったようです。

今回ようやく、この林道を紹介出来るようになって、
あぁ、林道を走り始めて一年経ったんだなぁ、と、
妙に感動してみたり。

では早速レポートを。
*距離が長い分、レポートも長くなっております。

と、その前に、
題名を観てもわかるように、林道名を併記しているのは、
どこからどこまでがどの林道かが、いまいちはっきりしないのです。
なので、とりあえず暫定的に併記させてもらいました。
間違っていたら、どなたか教えてください。

まずは、以前紹介した、

林道 西下里線」との分岐へ。

この分岐を右に曲がると、
前回紹介した「尾曲線」や「椎ヶ沢林道支線」へ。

今回はここを左に曲がります。

分岐中央にある案内板。

その横にある、「西下里線」の終点標示。

R152号近くの龍山、大嶺地区から延びる
鋪装林道「西下里線」は
ここまで、ということになります。

で、分岐から左に曲がるとすぐに、

少々ガレ気味のフラットダートに変わります。

勾配は緩やかで、非常に走り易い。
ストレートを暫く走り、左ヘアピンを過ぎると、

始めての分岐へ。

道路脇に林道標示。

見づらいですが、「林道 寺野線」と書かれています。
で、この分岐を左に曲がっていくと、

行き止まりになり、古い林道標示が置かれ、
そこには、「椎ヶ沢林道」との表記が。
うむむ、なんとも不可解な林道標示。

いろいろ考えて、私なりの結論は、

今登ってきたダートが「林道 寺野線」。
そしてこの分岐から先が「椎ヶ沢林道」。
林道標示は、改修工事の際等に端っこに
追いやられてしまった、と。

ま、深く考えても仕方がないので、先に進みましょう(笑)

分岐から先も、快適なフラットダートが続きます。

すこし登り勾配がきつくなって、景色もいい感じに。

標高はそれなりにあると思いますが、
谷側には木々があって、あまり高度を感じません。

しばらく走っていくと、

右への分岐。
この分岐道は「八代二号林道

分岐を通り過ぎてすぐ、

またまた右への分岐。

分岐しているダートは「八代一号林道
先ほどの二号ともに、分岐からすぐに行き止まり。

で、本線をまた走っていくと、

チェーンゲートのある右への分岐。

この分岐から延びている林道は、前回レポートした、
椎ヶ沢林道支線

本線を更に走っていくと、

右の路肩になにやら白い看板が。

瀬尻林道」の起点からのキロポストです。

通常は「km」単位で標示してあるのに、
ここだけ小数点以下も記載されています。

ということは、ここまでが「瀬尻林道で、
それ以前(今走ってきたダート)が
椎ヶ沢林道」に当たるというのが
非常にロジカルな考えかと。

ちなみにこの瀬尻林道のキロポストの起点は、

林道 西下里線」の起点とほぼ同じ場所。

でももし、「瀬尻林道」と「瀬尻線」が違う林道だったら、
この仮説は成り立たないのですが・・・。
まぁ、この辺りは深く考えても仕方ないので、
さらっと流してください(笑)

閑話休題、瀬尻林道の続きです。

椎ヶ沢林道支線」への分岐からすぐに、

またまた分岐。
ちょっと寄り道してみましょう。

分岐近くの広場を過ぎて、

チェーンゲートへ。

この日(2012年10月時)は掛かっていなかったので、
先に進むと、

しばらく走って、治山工事真っ最中のため徹底。。
もしかしたら、向こうの作業道と将来繋がるかも?

分岐に戻って、本線の探索に戻ります。

分岐のあとは、

林道然りと言った感じに。
暫く走ると、

路肩が広くなっている場所へ。

まだまだ先は長いので、この辺で休憩するのも
いいかと思います。

この後は、

長いストレートはほとんどなく、
カーブが終点近くまで続きます。

路面は砂利敷きフラット系のダート。

浮き砂利は少ないので走り易いですが、

ブラインドコーナーが多いので、
キープレフトでスピードは控えめに。

勾配は緩やかな上下を繰り返します。、

路面は概ねフラットなんですが、
カーブが多く距離も長いので、
結構気を使います。

かなり(笑)走って、

左への分岐。
鉄塔巡視路のようなので今回はパス。

この林道は交通量がそこそこあるようで、
管理はしっかりされています。

新しい修復箇所も。

たくさん、たくさん走って、

左への鋭角な分岐。
チェーンゲートがあったので進入しませんでしたが、

長達林道」と、しっかり名前も付いています。

分岐を過ぎて、

路肩の一部崩落を過ぎると、

久々に舗装路に変わりますが、
100m程度で、

ダートへ戻り、そこからすこし走っていくと、

大きな分岐へ。

本線は直進。

分岐地点から今走ってきた道を。

分岐より進行方向右に曲がると、
明善神社、戸口山登山道方面へ。

分岐から先のこのダートは、

林道 橿山線

瀬尻林道はこの分岐を直進し、
龍山ふるさと村方面に下って、
「西下里線」入り口付近で終点となります。

瀬尻/椎ヶ沢林道
周辺随一約8kmのロングダートは、
カーブが多く、走り応え十分。

ストレートはほとんどなく、
ブライドコーナーも多いので、
かなり神経を使います。

とにかく長いので、
途中の分岐地点や広くなっている箇所で
休憩しながら走った方がよさそうかも。

それでは、今回もお疲れさまでした。

【 林道探索速報 】行きは良い良い帰りは恐い


今回の林道探索。
今までほとんど走行したことのない地域への
新規開拓です。

今回お供をして頂くのは、TTRさんと22GO!!さん

奇麗な紅葉の山を颯爽と進み、

広場で休憩。

一服した後は事前に私が調べて、隣りの林道に
抜けれるかもしれない、枝道へ。。。

しかし、
私のルートミスで身動きとれない状態へ・・・

TTRさんと22GO!!さんが下に抜けるルートを
調査している間、私は、

転倒で折れたブレーキレバーの交換作業・・・。

しばらくして戻ってきたお二人。

残念ながら下りルートは無く、戻るしかなさそう
とのこと。

でも私の道案内で、森深く進入してしまったため、
転回場所付近は傾斜がキツく、
フカフカの腐葉土のような路面状態。

T63&D603のトレールタイヤではどうにもなりません。

TTRさんが、
木を利用したメカニカル・アドバンテージを試すも、
なかなかうまくいかず、結局三人で紅葉の山中で
バイクを押しまくりました(笑)

なんとか三台が”道”に戻った時には、
既にお昼をまわっていました。。。

汗で全身びしょ濡れ、疲労困憊、
まともに走った林道は一本のみ。。。

こんなはずじゃ・・・。

二人の心の叫び、私にはしっかり届いていました。

ほんとうにごめんなさい m(_ _)m

ちなみに、この時のGPSトラッキングデータは
こんな感じ。

・・・悪戦苦闘している様、
すこしはお分かり頂けたかと。

腹ごしらえをした後、気を取り直して先に進むと、

またなにやら怪しい雰囲気に。。

午前中の二の舞だけは避けるため、
早々に撤退し、ダム横ガレ道へ。

ところどころヌカルんでましたが、
なんとかクリア。

一方の私は、

なぜか以前と同じ所で撃沈。。。

フォローして頂き、本線に合流して林道出口へ。

たまたま通りかかったDR乗りの方と暫し歓談し、

休憩場所に着く頃には既に夕暮れ。。。

エア圧調整等の帰り支度をして、
本日の探索終了!!

っていうか、今日の探索で新規の林道は
1本しか走れませんでした。。。

今日の格言。

進む前に立ち止まって考えよう!

お二人ともお疲れさまでした。
そして、ごめんなさい。。。
次は、、、あるかな?