小粒でもピリリと辛い! – 龍山・小仏山周辺林道2


龍山・小仏山周辺の林道探索の二回目。

前回の「下里南線(仮)」の途中から分岐していた、
下里峰線」から早速レポート開始。

※今回の探索レポートは、2012年8月に走行した際の
情報を元に作成しています。

案内板の「悪路」表示。
いったいどんな恐怖?が待っているのか、非常に気になりますね。

分岐から進んですぐ、右への分かれ道。

地図で確認したら行き止まりのようなので、
そのまま直進。

日陰部分の路面はかなりマディ。

道幅はほどよい感じで、路面はフラット系。

悪路はどこかいな。

まだまだ路面はフラットです。

しばらく走ると、

右へ大きくカーブして、

路面は下り勾配へ。

路面は若干ガレ気味になったかな?程度。

もしかしたら、雨後はすごいことになってるのかも。

しばらく下って、

路面は舗装路へ。

大通り?に合流。

路肩に龍山村の案内板が有り。

合流した舗装路は、前回から良く出て来る、「西下里線

結局”悪路”に遭遇せずに、「西下里線」を北上していくと、

左手に、「林道 西下里西線」の起点表示。

続けて進入してみます。

おぉ!入り口からして、いい感じの予感。
ずぅーと先までツイントラックが続いていますよ。

しばらく走っていくと、登り勾配がきつくなり、
路面もガレ気味に。

視界の上にガードレール。
結構勾配がありそう。
SL230にもっとパワーが欲しいと思う瞬間です。

路肩に林道終点表示が。

いい感じのダートで気分が高揚してるので
写真は取らずにそのまま進みます(笑)

それにしても、

ずーと、登りです。

この辺がこの林道のピーク?

路面は相変わらず最高なフラット。
すこし下ったけど、

また登り。路面もちょっとガレ気味に。

え!?
もしかして行き止まり??

いえいえ、右に鋭角に曲がっていただけでした。

しかし、どこまで登るんだろう。

切り通しを通過しても、まだまだ登ります。

と、順調に進んでいたら、

目の前にユンボが!

林業作業の真っ最中でした。

作業中、失礼します。

おじいさん?に挨拶して、
ユンボの横を通り過ぎます。

この辺りから、ようやく下りになります。

右への分岐。
進入しましたが、すぐに行き止まりでした。

下り勾配になったのはいいけれど、

路面がけっこうガレてきます。

右手に作業小屋?

カーブのRが厳しくなってきます。

左への分岐は進入しませんでした。

そのまま直進していくと、

この林道唯一の景色が開ける場所へ。
といっても、谷側に木々があるので
景色は思ったほど開けません。

でも、こういう雰囲気好きですね。

なーんて、考えていたら、

いきなり左に急カーブ。

曲がりきれず、本当に落ちそうになりました。
林道は油断大敵です。

その後ゆるやかに下り、

道幅がかなり広くなって、

ダート終了。

合流先の舗装路は、察しの通りの「西下里線

路肩には、龍山村の案内板がしっかりありました。

林道 下里南(仮)/下里峰/西下里西線
前回と二回に渡ってレポートした、
小仏山周辺の三つの林道。

ほどよい距離(三つ併せて、約8km)で、
そこそこガレて、景色も良く、
絶壁のような危険な箇所も少ないので、
林道を楽しむには丁度よいかも。

三つともに、
南側から北側にかけての登りルートの方が、
スピードを調整しやすいのでお薦めです。

今回までで、

カシ山線 → ハシゴ坂線 → 伝田石線 →
ハサカ山線 → 下里南線 → 下里峰線 →
西下里西線

と、合計約20キロものダート
乗り継いだことになります。

それだけでもすごいのですが、
実はこれでも、龍山村周辺に無限に広がる
林道群のほんの一握り分しかありません。

次回は、その中でも比較的厳しい(荒れている)
”男”林道をレポートしたいと思います。

今回もお疲れさまでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中