天竜・龍山の林道天国 – プロローグ+続タイヤインプレ


旧龍山村の林道探索。
まだまだ続きます(笑)

いままでちょくちょく現れる、「林道 西下里線
前回の「林道 西下里西線」の終点から合流して、
更に北上していくと、

T字路へ。

写真が分かりずらいですが、
今上がってきたのは左からで、
真っすぐの道と右へ曲がる道とのT字路になります。

路の傍らに龍山の案内板があります。

直進は「国有林」の表示。
裏の案内板は、

こんな感じ。

まっすぐ行く「国有林」は、暫く走って
行き止まりの「樽口林道」なので、今回は右へ。
*簡単なチェーンゲートがT字路から少し走ると掛かっています。

T字路を右に曲がって暫く登っていくと、
またまたT字路に突き当たります。

T字路からは、右へいっても、左へいっても、

ダートです。

突き当たりにある案内板は、

こんな感じ。
その案内板のすぐそばには、

林道 西下里線」の終点表示もあります。

で、道を挟んで反対側にも、

案内板が。。。
ものすごい親切ですね。

実はこの辺、林道標示と龍山村の案内板が入り乱れて、
どこからどこまでがどの林道かはっきり分かりません。

2、3回この辺りを調査してみた結果、
里から上がってこのT字路までが、
林道 西下里線」。
横切っているのが、「林道 寺野線」と、
暫定的に決めました。
*間違っていたらごめんなさい。

で、ここを左に行くと、椎ヶ沢林道、瀬尻林道経由の
約20キロのダート天国?地獄?
に行きますが、
それは追々レポートするとして、
今回はここを右に、「寺野」集落方面へ下ります。

しばらくは、ほどほどの快適なダートが続き、

その後、最近施工された感じの新しい舗装路に変わります。

そのまま舗装路を下っていくと、

直進方向がダートで、
右へ緩やかに曲がる下りの舗装路の分岐に辿りつきます。

案内板もしっかり設置されていますよ。

舗装路をそのまま下ると、R152号に合流しますが、
もちろん、ここは直進方面のダートへ。
実はここから先も、舗装路一切無しのダート天国♪

入り口まで長かったですが、
早速、天国への階段を昇っていきましょう!!

・・・でもごめんなさい。
本線の様子は次回以降で!

<<MICHELIN T63 vs AC10 耐久性比較インプレ>>
下は、装着してから約1,000キロ走行した MICHELIN T63。

舗装とダートの割合は、6:4ぐらい。
センターブロックの先端が丸くなりかけています。

一方の、
それまで履いていた MICHELINのAC10。

鋪装とダートの割合は同じくらいで、
約1500キロ走行
T63と比較して、センターのブロックの山がかなり
減っていますね。4、5分山といった感じ?
実際、初期の頃と比べて、
グリップが落ちてきているのが分かります。

ここまでの感じから、
T63は舗装路を走っても、噂通りかなり持ちそうな感じ。

AC10の方は、舗装路を走行する機会が多いと、どうしても
センターブロックが先に減ってしまい、逆向きに履き替えても、
3,000キロ持つか持たない程度かと。

とはいえ、タイヤの性格はAC10の方が好みなので、
T63の持ち次第で、元に戻すかも。

それにしても、
いつになってもタイヤ選択は本当に悩ましいです。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中