天竜・龍山の林道天国 – ”ガレ後フラット”椎ヶ沢林道支線


旧龍山村周辺の林道探索。
まだまだ続きます。

早速前回からの続きから。
*今回の記事も2012年8月探索時の情報を元に作成しています。

前回レポートした「林道 尾曲線」との分岐。
今回は左に進みます。

緩やかな勾配を進んでいくと、

道が二手に分かれます。

右の路は1kmほど走って、

行き止まり。

ここに至る途中に、隣りに走っている「林道 尾曲線
に接続する作業道があるはずだったんですが、
この時は発見出来ず。機会を見つけて再探索です!

で、さっきの分岐に戻り、左の道に進みます。

分岐から暫くは重機で整地された跡があったのですが、
そこを過ぎると路面は荒れ気味に。

どんどん荒れてきます(笑)

緩やかな勾配のストレートから、

カーブが多くなり、
勾配も荒れ具合も酷くなってきます。

雨水溝の割れ目は褐色。
この辺りは粘土質の土質かな。

なんだか、いろんなモノが路上に散乱してきます。

すこし”道”らしさを取り戻す箇所もありますが、

概ねこんな感じでどんどん登っていきます。

勾配が緩やかになってくると、それに応じて
路面状況もよくなってきて、

さっきまでの荒れ具合が嘘のような快適な路面へ。

そして景色も開けて、開放的に。

まるで”飴と鞭”のような林道だなぁ。

路面からは、さっきまでのガレは消え失せ、
硬質なフラットダートへ。

道幅も広くなり、一段と快適度が上がります。

こりゃ、たまらん!!

と油断してると、

いきなり大蛇の如き雨水溝が!

やはり林道は先入観で走ってはいけませんね。

道幅がまた狭くなり、下り勾配へ。

かつてチェーンが掛けられてあっただろう、
ポールが道の両端に。

ここから先は、

鬱蒼とした木々の中、
狭いツヅラ折れのフラットダートを走ります。

暫く走っていくと、前方が明るくなってきて、

本線らしき林道に接続。

合流先から、今走ってきた林道を。

合流した林道を右に行くと、

作業小屋らしき廃墟を通り過ぎて、

大きな広場で行き止まり。

路面はフラットで景色も良いので、
野宿するなら最適かも。
*水場はありません。

で、その行き止まりの端から、

シングルトラックの道が延びていましたが、
ソロなのでここで探索は一旦終了。
さっきの分岐に戻ります。

分岐から左に曲がり、暫く走ると、

チェーンゲートがあり、
その先で更に大きな林道に合流。

道端に林道標示。「椎ヶ沢林道支線

林道名が分かったので、
おさらいをしてみましょう。

今迄走ってきた林道
(尾曲線との分岐を過ぎてすぐの分岐から)が
椎ヶ沢林道支線」で、
接続したこの大きな林道が「椎ヶ沢林道」。
※接続先から右に暫く走ると、林道名は「瀬尻林道」へ

行き止まりの先にシングルトラックが続いていた短い林道が、
椎ヶ沢林道分線」となります。

なかなかややこしいですね。

 

椎ヶ沢林道支線
支線と言えど、約4キロある、
ガレ有り、フラット有りの走り応えのある林道。

全体的に本線よりもガレ具合が酷いので、
走り終わった後は、達成感が味わえるかも。

個人的には、本線よりもこっちの方が好みです。

さて、次回は、龍山随一と言われる、
鋪装路併せて約13キロの長距離林道、
瀬尻林道/椎ヶ沢林道」をレポートします。

それでは今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中