壁の向こう側へ・・・break on through to the other side!!


”人間は・・・苦しみに意味が与えられる限り、
それを欲しがり、それを探しだす”

フリードリッヒ・ニーチェ

オフロードバイクの醍醐味はいろいろあるけど、
ヒルクライム”というのは、とりわけ
人の心を魅了する”何か”があるような気がする。

1

奇麗な人がいたら、自然と目がいってしまうし、
かわいい女子○学生がいたら、自ずとアクセルを煽ってしまう。

パンや牛乳は、最前列にあるやつより、後ろ側から取り出して
レジに持っていく。。。等々

それらと同じように、
高いところがあったら、
登ってみたい衝動に駆られてしまうのは、
人間である性なのかもしれない。

そんなヒルクライムの魅力に取り憑かれて、
絶壁のような崖を登るだけの競技も世の中にあるという。

4

『Widowmaker』

人生の壁はなければないほうが良いが、
オフロードバイクに乗ってると、
それは逆にあればあるほど、嬉しくなる。
(程度にもよるが)

目の前の立ちはだかる”壁”

2

それはあたかも、それを登ろうとする者に対して、
あざ笑うかのように、鎮座し、
挑むものへ無意識の圧迫感を与える。

”お前には無理だ。諦めろ!”

それは神の声の如く、己自らが無意識に発した、
自己防衛たる叫びなのか。

”お前は一人では何も出来ないのか?”

仲間にフォローされて登頂しても、
その神(心)の声は、尚も強く、そして深く、
心に響いていく。。。

3

林道探索をしていて、最近ちょくちょく遭遇する、
この”ヒルクライム”だが、その先に何があるか見たいのに、
行けないのは、とても悔しい。

はっきりいって、

楽しくない”のである。

スタンディングして膝を前に入れて、上体を前に持って来る

でも、それだけじゃ、
リアタイヤにうまくトラクションがかからず、失速。
もしくは、バイクの動きに体がついていけず、
バイクがまくれてしまう。。。

そんなもやもやした最近。

前回、いろんなヒルクライムを体験して、

ん?

あれ?

なんかえらくグリップする!?

もしかしてこれか??

という瞬間がありました。

うまく言葉で説明できないのですが、
先の文面に加えて、

足を突っ張って走る(ステップに荷重をかける)ような感じ。

大手を振って、ヒルクライムと呼べるような壁では
ありませんでしたが、
登頂付近では、映像でよく見る、巧い人がフロントアップ
しながら着地するようなものが、すこし出来た気がします。

それと、大先輩の”川憎さん”から、
操作しやすいハンドル位置のレクチャーを受けたので、
年末にハンドル位置の調整をしてみるつもり。

すこし分かりかけた感覚を忘れてしまわぬように、
年内に同じルートを再挑戦しよう。

そう、それはまさしく

向こう側へ突き抜けろ!

break on through to the other side…

6