天竜SP林道周辺 – 奇麗なツイントラックのフラットダート・沢奥線


天竜スーパー林道周辺の林道探索。

二回目の今回は、「林道 沢奥線」です。
※2012年10月末時点の走行データを基にしています。

前回レポートした「林道 小川線(仮)」の終点から
天竜スーパー林道へ合流し、そのまま北上していくと、
左手に分岐しているダートがあります。

1

2

ところで、浜松の林道標示。

手書きはいつものことですが、発泡スチロールの空き箱?
の裏に書かれている林道標示は初めてです。
それも、中部電力の支柱に刺されています。
すごい、大胆(笑)

でももうちょっと、風情があってもいいかなぁ。

肝心のダートですが、
林道入り口の雰囲気から、かなり期待できそう。
早速進んでみます。

予想通り、分岐からすぐに、

3

奇麗なツイントラックのフラットダートが始まります。
勾配は緩やかな下り。

すこし走って、

4

右上に延びる登山道。
そこからちょっと走って、

5

今度は左へ下る道。

どうも、この林道は登山道、ハイキングルートと
交差して延びているようです。

ちょっとだけ、

6

舗装路がありますが、すぐにフラットダートに戻ります。

7

直線ダートが長く続き、

8

右ヘアピンから鉄塔巡視路が分かれています。

ちょっとだけ進入。
でも廃道の様子なので途中で引き返します。
*うまく行けば?天竜スーパー林道の合流するかも??

9

鉄塔巡視路から本線に戻り、しばらく走っていくと、

10

すこしだけ景色が開けます。
この林道で風景が見渡せるのはここだけでした。

その後も、

11

快適なフラットダートが続きます。
春から夏に走ると、森の匂いで癒されそう。

しばらく下っていくと、

12

登山道とまた交差します。

フラットダートが延々続いた後、

13

なんとも奇怪な形をした崩落現場を通り、

14

右へ分かれて行く分岐に遭遇。
本線の探索が終わったら、戻ってみましょう。

分岐から先も走り易いダートを下って、

15

配水所らしき施設を左手に見ながら進むと、

16

左に登山道が延びています。

ちょっと先には車が止めれるスペースが設けられて
いるので、ここから本格的な山道が始まるのかも
しれませんね。

登山道入り口を過ぎても、

17

フラットダートは続きます。

そこそこ交通量がありそうなダートなので、
スピードは控えめに。

しばらく走って、

18

右ヘアピンカーブの先に、左へ分岐していくダートが
あります。
ここは進入しませんでしたが、
中部電力の鉄塔用みたいでした。

ヘアピンからちょっと下って、

19

路面は舗装路に変わり、

20

鋪装林道「戸倉線」に合流します。

終点が分かったので、戻って、
途中から分岐していた支線?の探索に向かいます。

14

ここを右に曲がり、廃道っぽいダートを
しばらく走っていくと、

21

前方が明るくなってきて、舗装路に合流。

合流した舗装路は、

20-2

農道 戸倉空線

こんな山の中なのに、”農道”なんですね。

合流後、奇麗な舗装路をすこし登ると、

21-2

またまた分岐。

左下を進んだら民家前で行き止まりだったので、
右上へ進んでみます。

22

勾配がきついヘアピンを登っていくと、

21-3

こちらも
全線鋪装済みの「林道 戸倉線」に合流します。

林道 沢奥線
龍山町戸倉集落と天竜スーパー林道を結ぶ、
約4kmのフラットダート林道。

高低差がありそうですが、
勾配は緩やかなので、フラット路面と
併せて、ダートに慣れていない方も十分に楽しめそう。

でも、秋葉ダムから秋葉山へ至る、東海自然歩道が
何度も横切るので、ハイカーに注意して、
スピードはほどほどに。

前回からの続きで、下りになりましたが、
登りの方が面白いかも。

次回は、合流先の「林道 戸倉線」を北上し、
その途中にある、「林道 瀬戸川線」と「林道 西ヶ池線」を
レポートします。

今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中