天使の囁きか、それとも・・・第四章


Kawasaki KMX125
プチレストアシリーズの第四章。

前回、フロント廻りのチェックを行い、
ブレーキ関係が総NGだったので、
他の部品と併せて、
某ネットバイク用品店でごっそり注文。

悲しいことに、この部品代とエンジンを
始動する際に購入したオイル代等で、
既に車輛購入費用を上回ってしまいました。。。

まだまだ先が長いというのに、
いったいいくら掛かるんだろう。。。
まさに、

”安物買いの銭失い”

でも、動かなかったもの、薄汚れた物を
奇麗に動かすようにするのは、
達成感があって、感動もひとしお。
早くその時がくればいいなぁ。

さて今回は、
リア廻りの確認です。

まずは、

1

リアブレーキの動作確認。

案の定、リザーバータンクは
空っぽだったので、ブレーキフルードを
入れて、ブレーキペダルを踏み踏み。

しかし、踏んでも踏んでも、
フルードが減ってかない。。。

あぁ〜、リアもダメかなぁ〜。

と思っていたら、
すこしずつペダルが重くなり、
キャリパーもしっかり動きだしました。

よかった!

でも、キャリパーのピストンの戻りが
あまり良くないので、ホイールを外して、
ピストンの揉みだしすることに。
外さなくも出来るんですが、ついでに。

ホイールボルトを外していたところ、

2

ふと疑問が。

チェーンの引き調整って、
このバイクはどうやってするんでしょう??

SL230のような、インジケーターがないんですが、
もしかして、スウィングアームの端にある、
ボルトで調整するのかな??
知っている方、教えてください。

で、滞りなく、リアホイールを外して、
アクスルシャフトを確認。

3

ここもグリスはまったくありません。

でも思ったほど錆は無さそうなので、
ペーパー&ピカールで軽く磨いておきます。

ちなみにリアホイール。

4

リムが変形しています。。。

商品説明には一切書かれておらず、
バイクを届けてもらった際に発覚。

”あれ?変形してますね。”

と出品者さん。

ノークレームでも、さすがにこれは酷いですね。
こういう人は何れ天罰が下るでしょう。

で、一応、シャフト径を測ってみます。

5

15mmですね。

調べると、他のカワサキ車のリアアクスルシャフトは
ほとんど17mmとか。

中古の17mm径のリアシャフトを手に入れれば、
KDX等のリアホイールを履くことが出来るのかな?
詳しい方いらした教えてください。

で、問題のリアキャリパーのピストンは、

6

揉みだしして、かなり動作が軽くなりました。
よかった、これでやっと一つ片付きました。

で、ここからまたまた疑問?が。

このキャリパー、
ディスクを交換するにはどうしたら良いか
皆目検討も付きません。

7

表にも裏にも、それらしいボルトが見当たらない。。。
またまた、これも、詳しい方、教えてくださいm(_ _)m

今回はお願いばかりになってしまいましたが、
某オークションでサービスマニュアルが出品されていたので、
近々落札予定。

もしそれまでに、ご寛大な方がいらっしゃいましたら、
教えてください。意外と気になって眠れない質なもので(笑)

さて、いままでで、全体的にさらっと見てきましたが、
実は他にも細かいところで、部品を交換もしくは修理を
しなければいけません。

・スロットルグリップの破損
・ウィンカースイッチが左右逆
・フェールタンクコックのガソリン漏れ
・燃料、オイル系ホースの硬化
・前後スプロケット、チェーンの交換
・リンク類の清掃、グリースアップ
・ステムベアリング、フロントフォークオイルの交換
等等。。。
とまぁ、いろいろありますねぇ〜(笑)

3月の定例ツーリングに間に合わせたいと思って
ますが、う〜ん、どうでしょう。
たぶん、無理かなぁ〜。