SL230整備 – ベアリング総取っ替え作戦、発令!?


KMX125をプチレストアしている間に、
SL230の不具合が、あちらこちら出てきてしまいました。

特に”ステムベアリング”。

以前から、低速時のハンドルのセンター付近が
やけにフラフラして、あらぬ所でフロントが意図しない
ところに曲がって転倒!!
という場面が多々ありました。

ステップのバランスが悪いのかなぁ、と
思っていたのですが、この間しばらくぶりに
乗ってみたら、どうも違うみたい。

というわけで、

1

ステム&ハブ&リアリンク類の
ベアリング総取っ替え作戦を近々敢行予定。

それにしても、
KMX125の修理だけでもかなり部品を購入している中、
SL230も不具合発覚で、なんだかんだ、
山のように購入している最近。

通勤や温泉のんびりツーリング等だけで使っていたなら、
30,000㌔未満でここまで不具合が出なかったでしょうね。

確かに、去年は激しく何度も転んだからねぇ〜。

そして、この後に待っている、
来月のクレジットの請求書。

こちらも、かなり激しそう。。。(笑)

“SL230整備 – ベアリング総取っ替え作戦、発令!?” への 2 件のフィードバック

  1. ステムベアリングに関してはベアリングレースも同時交換をお薦めします。

    ベアリングもレースも超硬という金属で作られていますが、ベアリングが磨耗するということは、レースも磨耗しています。

    両方セットで交換することでベアリング自体の寿命が伸びます。

    あと、余談ですが、純正ベアリングがボールベアリングだった場合、同サイズのローラーベアリングに交換することで耐久性が上がります。

    それと裏技を1つ。
    500のペットボトルの口の所のテーパーが意外とステムのテーパーに近いので、ボトル側にグリスを塗ってステムに入れてグリグリやると簡単にグリスアップできたりしますよ~(^o^)

    1. >スガッチさん

      いつもいつも、コメント&技術アドバイス、
      ありがとうございます m(_ _)m

      純正はボールベアリング(XLRと同じ)なので、
      テーパー式に変更出来ないか、ネットでいろいろ調べた
      のですがヒットしなかったので、今回試しに?
      純正のボールベアリングを発注しました。
      (ベアリングレースも発注しましたよ!)
      品番と寸法を控えておいて、ベアリング屋で
      調べてもらって、次回はテーパーにしようかなと
      思っています。

      裏技。いいですね!
      早速使わせてもらいます(笑)
      というか、スガッチさんの物知り度合いが凄過ぎて
      びっくりです。
      私も早くその域に達したいなぁ。。100年先、かな(^^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中