Vee Rubber VRM-211 ファーストインプレッション


昨日の、ピンポンパン大会で使用した、
タイ製のVee Rubber VRM-211。

1

林道での走行はまだですが、
とりあえず第一印象的なインプレッションを。

<<ブロックパターン>>
まずはフロント。

2

左がVee Rubber VRM-211(90/90-21)、
右がIRC VE-35(80/100-21)。

ぱっと見た感じは、
ミシュランのCROSS COMPETITION S12 XC、
ピレリのSCORPION PROにそっくりですね。

一方のリアタイヤ。

3

左がVee Rubber VRM-211(120/90-18)、
右がMichelin AC10(100/100-18)。

リアもピレリのSCORPION PROにそっくり。
奇しくも、両方ともにFIM適合の公道走行可能タイヤなので、
もしかしたら、参考にしちゃったかも、ですね(笑)

<<タイヤ交換>>
AC10とほぼ同じような感じで交換できたので、
フロント、リアともに嵌め易い部類に入るかと
思います。

<<スイングアームとの隙間>>
SL230にとっての一番の問題は、
ブロックが高い、エンデューロタイヤを履くと、
スウィングアームに接触する恐れがあることですが、

8

外径は、泥よけとのクリアランスはばっちりでした。

幅も、

9

問題ありません。

でも私のSL230はフロントスプロケットを1丁下げて
いるので、ノーマルだと厳しいかもしれませんね。

<<外観>>
タイヤは、
グリップすればなんだっていいわけではありません(笑)
やはり、見てくれも、個人的には大事なポイント。

10

アグレッシブさで言えば、AC10の方が上かなぁ。

あと、
思っていたより、タイヤ幅がなかったので、
フルサイズのオフロードバイクにはくと、
タイヤが貧弱に見えてしまうかも。

逆に、SL230には、外径、幅、外観ともに、
丁度よい塩梅かなと思います。

それでは、肝心の走りについての超個人的、
主観的なインプレションを。

<<一般道&高速道>>
12

装着して走り出して、まず感じるのは、
フロントのセンター付近のふらつき。

これは、ブロックパターンを見るだけで
想像が出来たので、そんなに違和感は
ありませんでした。

ただ、アンダーがかなり強いです。
コーナーや交差点で曲がるときは、
いつものように曲がろうとすると、
曲がってくれません。

また、鋪装のつなぎ目で、ハンドルが
取られます。*T63やVE-35より顕著。

これらは慣れで解決できるのかどうか
分かりませんが、ちょっと違和感がありました。

交換前のタイヤが、IRC VE-33でしたが、
それと比べて、センターのふらつき、
アンダーの強さ等はかなりのものです。

ちなみに高速で、
法定速度程度?で走りましたが、
特に問題はありませんでした。

<<ガレ場:フロント>>
4

タイヤのせいなのか、それとも、
フロントフォークのオイル交換等の御蔭なのか
分かりませんが、非常に良い感じでした。

T63とは比べ物にならないくらい、
フロントが跳ねません。VE-33よりも安定してます。
*全て空気圧は0.8。
これにはびっくりです。

特に岩がゴロゴロしているような
セクションでも、以前ならどこに
行くか分からないような有様でしたが、
ちゃんと狙ったラインを何事もなく
トレースしてくれたのにはびっくり。

<<ガレ場:リア>>
6

一方のリアですが、
縦のグリップは、交換前のミシュランAC10と比べて、
気持ちグリップがいい程度です。

タイヤがおろしたてというのもあるので、
リアの縦グリップはAC10と同等でしょうか。

横のグリップは、
AC10が簡単になだらかに滑っていくのに比べて、
その滑り出しは、1テンポ遅くなります。
そして滑り出したあとの挙動は、
AC10よりもグリップして、前へ前へと行く感じ。

強引に言えば、
T63にタイヤサイドの剛性感を薄めて、
空気圧でのグリップ調整を顕著にしたタイヤ、
そんな第一印象でした。

<<マディ>>
5

フロントもリアともに良好でした。
とくにフロントはVE-33よりも横のグリップが
よくて、泥が詰まってフロントが逃げていく、
ということはほとんどありませんでした。

<<坂途中の再発進>>
さすがにトラタイヤ並みとはいきませんでしたが、
T63≦AC10≦VRM-211
といった感じで、これも新品のバリ山であることを
考えると、そんなに大差ないと思います。

<<耐パンク性>>
7

岩のステアケースでフロントアップを失敗して、
かなり勢いよく岩にフロントタイヤを
ぶつけましたが、パンクはしませんでした。
*ノーマルチューブ使用

これにもびっくり。
これで、
林道探索時の不安要素がかなり減りますね。

<<耐摩耗性>>
11

SL230のようなパワーの無いバイクだと、
フロント、8,000km
リア、5,000km
ぐらいはもちそうな感じ。

このグリップで、本当にこれぐらい持てば、
相当いいんじゃないでしょうか?

<<(暫定)まとめ>>
とりあえず、走り始めとしてはいい感触です。
今後、走り込んでみて、この第一印象がどう変わっていくか、
ちょっと楽しみですね。

広告

「Vee Rubber VRM-211 ファーストインプレッション」への2件のフィードバック

  1. 只今、コッチ系の鯛屋にも魅力を感じ始めていて
    横方向にもそこそこのグリップを期待できる銘柄って・・・・
    今度教えてね。

    1. >川憎さん
      >横方向にもそこそこのグリップを期待できる銘柄。。。

      私もそんなに詳しくありませんが、
      タイヤ横のグリップ
      (倒し込んでもいきなり破綻せず、粘りがある)が欲しければ、
      やはりMXタイヤ、ミシュランAC10がおすすめです。
      が、今回履いた、このVee Rubberもかなり良さげですので、
      試しに運転してみますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中