天竜SP林道周辺 – 未完の完抜林道・天竜名古尾線2


林道 天竜名古尾線」の続編です。

前回は天竜スーパー林道側から下って、
行き止まりのところまで探索しました。

今回は、里まで降りて、反対側から探索します。

佐久間町の上平山集落内を
県道295号より一本東に平行して
走っている市道を、北上していくと、
右に鋭角に曲がる分岐があります。

5

法面には、

6

林道 天竜名古尾線」の林道標示板。

そのちょっと先に、

7

林道銘版と、

8

おなじみ浜松市の
簡素な林道標示板も設置されています。

銘版の施工年度は「平成8年」。
前回探索した、天竜スーパー林道側は「平成15年」
でしたので、こちらの方から先に開設されたようです。

早速分岐から登っていきます。

しばらくは、

31

ほどほどの勾配のコンクリ鋪装路でしたが、
すぐに、

32

気持ちいい、フラットダートに変わります。

やっぱり、ダートは登りでしょ!

33

送電線がちょっと味気ないですが、
ご機嫌な景色を横目で見ながら、

34

ほどよい塩梅のカーブをグイングイン♪と。

で、

35

またまたご機嫌な景色をチラチラ。

澄み切った空と遠くに並ぶ山々。
そして、

36

最高なフラットダート。
まさに至高の時間。

その、
或る意味荘厳な雰囲気は、
後で分かることに。。。

路面はその後、

38

コンクリ舗装路に変わりますが、

39

妙にうねっています。
それに、何故か場違いなほど奇麗な路面。

その理由は、

50

ちょっと見えにくいですが、
「奥の院」と書かれている標識。

この林道脇を通っている、
名古尾沢沿いの参道を登っていくと、
竜頭山山頂手前に、
秋葉寺の奥の院”跡”」があるとのこと。

どうりで、
森厳な雰囲気がする林道だと思いました。

ちなみに、名古尾沢沿いの参道は、
上平山集落から続いています。
もちろん、その道中は岨道でさぞ楽しいことでしょう。

さて、肝心の林道はというと、

40

鋪装路をさらに進んで、右のヘアピンを曲がると、

41

いきなりの行き止まり。。。

雰囲気から察すると、
開通は相当先な感じですね。

林道 天竜名古尾線
佐久間町上平山集落から天竜スーパー林道を
繋ぐ、未完の林道。

天竜スーパー林道側は、中電の鉄塔巡視、
上平山側は、
秋葉寺奥の院へ、そして竜頭山山頂への
それぞれのアクセスルートになっています。

完抜すれば、かなりダイナミックな林道に
なりそうですが、それは当分先。いや、
永遠に未完のままで終りそうな予感も。

個人的には、集落側からのルートが
神秘的で好きですね。

10

次回は、天竜スーパー林道周辺の最後の大物ダート。
林道 大久保線」のレポートです。

それでは、
今回もお疲れさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中