春野町周辺の林道群 – ダートだらけの迷走エリア・新宮池&高塚山③


春野町、新宮池周辺の林道レポートの三回目です。

と、その前に。

今年のGWは休み無し、と思っていたら、
休みがあることを、今日初めて知りました(笑)

5月5,6,7,8日の四連休♪

GW後半も天気が良さそうなので、
今年最初のキャンプに行こうかと、
これから地図とにらめっこです(^_^)
っていっても、多分あそこに行くんだろうなぁ。。。

さてさて、
前回、ダートから舗装路に合流しましたが、
そのまま舗装路を北上すると、

18

次なるダートの分岐に差し掛かります。
※このダートを「B線」としておきます。

案の定、林道標示の類いはありませんが、
分岐のところに、
白いポールが建っているのが目印です。

分岐からは、

2

絶えず登り勾配&フラットダート。

3

道幅も想像以上に広く、
四輪の通行もほどほどありそうな路面。

どんどん登っていくと、

4

間伐されたエリアから抜けていきます。

5

林業車輛を通り過ぎると、

6

道路の両側に木々の塀が迫ってきます。

緩やかなカーブが続きますが、
両脇の木々のせいで、前方がまったく見えません。
スピードは控えめに。

森の中を暫く走って、

7

ようやく抜け出すと、
左に下る分岐が見えてきますが、
とりあえず本線を進みます。

が、暫く走って、

8

また、分岐。

こちらの方がさきほどより通行車輛が多そうな
感じですが、まずは本線の行き着く先を見届けます。

分岐から直進していくと、

9

ちょっと怪しい雰囲気に。

そのまま進むと、

10

見づらいですが、
T字路に突き当たります。

右は、

11

怪しい道が更に怪しくなる気配。

一方の左は、

12

轍が残っている感じなので、
ここは左に曲がります。

T字路から先は、

13

更に轍がはっきりしてきて、

14

またまた左に折れて行く、
怪しい分岐道。

分岐を過ぎて暫く走ると、

15

舗装路に合流します。

17

振り返って、今走ってきたダートと、
右へ続いている舗装路。

そして、左は、

16

森の奥へ更に続いている気配なので、
こちらに進んでみます。
※路肩に、入り口にあったものと
同じような白い標識が建っています。

次回に続く。。。

【 林道探索速報 】まだあった!天竜・阿多古周辺林道群


久しぶりの林道探索。

今日は、いつもお世話になっている川憎さんと、
そのお連れのJOSSAさんと。

1

探索系なのでSL230で行きたかったのですが、
生憎、SL君は保安部品を取り外してあるので、
今回はKMX125で初探索です。

奇しくも、カワサキ車三台。
”男、カワサキ”
ってことで、意外と(案の定?)
なかなか楽しい(激しい?)探索になりました。

一息ついて、
さて、どこに行きましょう?
と聞いてみると、

お二人は、
天竜・阿多古周辺のダートを
走りたいとのことで、
私が先導して出発です♪

とりあえず、定番の、

2

阿多古線に進入。

「好きな所に行っていいよ!」

というお言葉に甘えて、

4

道無き道を進みますが、
どこも行き止まり。

聞けば、
川憎さんは、

5

自家製ワイドステップと
ニュートラタイヤのシェイクダウンとか。

それならば、と、

6

鉄塔ルートの開拓へ。
しかし、ここからの先は激下り。

KMX125なので、躊躇してたら、

8

JOSSAさんが先頭を切って突っ込みます!

下に抜けているのが分かったので、
川憎さんに続いて、私も下ります。

9

っていうか、KMX125だとやっぱり怖い。。。

なんとか下って、
下に走っている林道に合流したものの、

7

偵察人曰く、
この先で通行不可能とのこと。。。
残念。。

往生際が悪いので、

10

周囲を彷徨いますが、やっぱり抜けれない。。。

11

それでもなんとか、
県道に抜けれるダートを発見。

その勢いで、

12

極上のループ林道も発見!!

いやぁ〜、探せばあるんですねー、
こんないいダートが。

気分ルンルンで、

13

ループ林道の途中で一服タイム。

熱くなった体をクールダウンして、

14

ループ林道を戻ります。

快適なダート、そして快晴の青空。
最高な一日ですね。

気分よく、次の林道を探索していると、

15

子狸と思われる小動物が路肩を逆走してました(笑)
やりすごして、後続を待っていたら、誰も来ません。

ん?

戻ってみたら、
さっきの子狸が、いきなり目の前を横断!
避けようとしてJOSSAさんが転倒してしまったようです。

後ろを走っていた川憎さん曰く、

「バイクと一緒に横滑りしてただに」

16

捩じれてしまったシフトペダルを
ドラミちゃんが修正。
バイクのダメージはこれぐらいでしたが、
体へのダメージはかなりある模様。

いい時間なので、休憩も兼ねて昼食を摂ることに。

17

杉や檜の花粉の飛散も終り、
お山で遊ぶには本当に良い季節。

汗をかいた肌に、春のやさしい風が心地よく、
油断すると眠ってしまいそう。。。

メシを食って、体力を回復したあとは、

18

行き止まりの林道から、
沢沿いを下って里まで降りることに。

先の転倒で負傷したJOSSAさん。

映像を撮るなら逝きます!

ってことで先頭を切りますが、

19

そこは、”お約束”の激沈。
さすが、エンターテイメントなお方です(笑)
でも体、大丈夫?

一方の川憎さんと私は、

20

無難にバイクから降りて下ります。
(意気地が無いって?)
いやいや、転ばぬ先の杖ってやつです(笑)

このルートは、

21

諸般の事情により、二度と走ることは出来ませんが、
なかなか楽しい道程でした。

その後も、

23

めげずにピストンダートを探索したり、

22

久々の木こりさんが出現したり、と、
迷走の度合いが大きくなってきますが、
彷徨ってたどり着いた、

24

富士見広場で、JOSSAさんがついにギブアップ。

午前中の転倒のダメージが思いの外大きかったようです。
かなり痛そうだったので、本日の探索はこれにて終了。
※JOSSAさん、ゆっくり休んでください。

探索し尽くしたと思っていた、天竜・阿多古地域でしたが、
極楽ダートがいくつか発見出来て、最高の一日でした。
今日一日、みなさん、お疲れさまでした。

さて、
今回の林道探索に連れていった、Kawasaki KMX125ですが、
低速トルクが無いので、トレッキングのようなゆっくりした
スピードで山道を登るというシチュエーションは、
やはり得意ではありませんでした。

フラットダートをかっ飛ぶのが、
このバイクの真骨頂でしょうね。
飛ばなさないと、プラグがすぐ被っちゃうしね。

バイク三昧の休日


世の中では、ゴールデンウィークが始まりましたが、
今年の私にはほとんど関係ありません。。。

なけなしの休日の今日は、
いつものようにバイクいじり。

と、その前に、
とある場所に向かいます。

1

倉庫の中には、

2

ようやく到着した、旅バイク、
Kawasaki KLE500が。

受け取り票にサインをし、早速、

3

ガソリンスタンドへ。

レギュラー仕様なのか、
ハイオク仕様なのかが分からないので、
とりあえず、ハイオク、いっちゃいました(笑)

で、またまた自宅近くの、

4

撮影スポットへ。

いろいろ観察したいのですが、
今日は作業が目白押しなので、
そそくさと自宅へ戻ります。
※KLE500については、また後日詳しくアップします。

まずは、
KMX125のギアオイルの交換です。

酷い状態だったクラッチ内部のフラッシングも兼ねて、

5

安いカインズのオイルに交換。
もちろんオイル処理箱もカインズ。

最近は仕事着もカインズで、
内緒ですが、私、”カインズ教”の信者です。(笑)

KMX125の後は、

6

SL230の分解。

ではなく、草レースに向けての保安部品の取り外しと、
前後タイヤとスプロケットの交換。

最近使っていた、1丁小さいスプロケから、

7

ロングヒルクライムを想定して、純正サイズに戻します。
※左が純正サイズ(13丁)。右が12丁。

12丁のものはDRC製で、純正サイズはサンスター製。

8

それぞれ装着後、約10,000km走行。

それにしても、サンスター製(左)は表面が奇麗ですが、
DRC製の谷部分になにやら奇妙な跡が見えますね。

悪銭苦闘の末になんとか保安部品を取り外し、
フロントのゼッケンプレートを取り付けて、

9

みんな一緒に集合写真♪

それぞれ性格が違う三台ですが、
これからみんな、仲良くやりましょう。

春野町周辺の林道群 – ダートだらけの迷走エリア・新宮池&高塚山②


最近、なにかと話題になっている春野町。
土砂崩れの現場近くは、林道探索でたまに
通ったことがあるところなので、ちょっと心配です。

さて、
新宮池周辺のダートレポートは今回から、
やっと核心に入ります。

以前レポートした、
林道 長蔵寺(ちょうぞうじ)線」の入り口のY字路。

1

右は長蔵寺線ですが、
今回は、ここを左に。

しばらく走っていくと、

0-3

左へのダートの分岐。

しかしここは、

2-0

最初は良さげでしたが、

2

最後に細い作業道になり、袋小路。。。

舗装路に戻り、
しばらく登っていくと、

0-2

再びダートの分岐です。
※写真は進行方向から。
※この林道を暫定的に「A」線と呼称します。

分岐からは、

3

絶えず登り勾配。
先ほどの分岐ダートより廃道チックです。

しばらく登って、

4

右ヘアピン。
轍がほとんどありませんねー。

ヘアピンを過ぎると、

5

雰囲気の良い林を抜けていき、

6

今度は左ヘアピン。
路面は終始、ご覧のようなフラットダートです。

7

道幅が狭くなってきますが、
どことなく、人の匂い?が感じられるダートです。

8

なだらかな高原の中を走り、

9

ゆるやかな登りのストレートを走っていくと、

10

左へ下る更に狭いダートの分岐。

分岐を過ぎて、

11

気持ち、勾配がきつくなってきます。

12

右の鋭角コーナーを過ぎると、

13

またストレート。

雰囲気でいうと、森町の林道をもっと
開放的にした感じかなぁ。

14

ダートは尚も続き、

15

いきなり前方の景色が開けて、
舗装路に合流。

16

合流地点から右を。登りかな?

17

左。こちらは下り。

合流した舗装路もそれまで走ってきたダートと
同じような雰囲気です。

さて、どっちに行きましょうか。

迷ったときは、とりあえず”右(登り)”に行くのが
鉄則(私自身の)なので、右に進んでいくと、

18

左に鋭角に分かれているダート(B線)の入り口が。
※これも進行方向から撮影しています。

早速続けて進入します。

と、その模様は次回に。
それでは、今回もお疲れさまでした。

 


春野町・新宮池&高塚山周辺林道 林道A線 約1.4km