春野町周辺の林道群 – 冥土の土産に、名も無き極上林道2


春野町の林道探索。
前回からの続きで、
今回は本線から分岐している支線?の探索レポートです。

前回は、

4

左にお茶の工場があるT字路を右折してすぐの、

6

分岐しているダートに進みましたが、
今回はそのまま本線を走ります。

しばらく走ると、

1

大きな左カーブがあり、その頂点から、

2

ダートが延びています。

分岐からは、

3

道幅が狭く、見通しの悪いカーブの連続ですが、

4

路面はほぼフラットで、走りにくくはありません。

絶えず登り勾配のダートを進んでいくと、

5

右のヘアピンカーブ。

路面はフラットというより、逆バンク気味で、
浮き砂利がすこしあります。

ヘアピンカーブを過ぎて、

7

更に登っていくと、

6

今度は左のヘアピンカーブ。
ここも浮き砂利がすこしあります。

登りのこういったヘアピンを走る場合、
四輪の轍の端(カーブの外側)のバンクを利用して走ると、
フロントが逃げずに走れます。

さもないと、

8

こういう結果に。。。(痛)

9

走ってきたラインは、見事に逆バンク。
おまけにシッティングで(座って)運転していたので、
フロント荷重が少なくて、フロントが滑ってしまいました。

みなさまもお気をつけください。。。

さて、
転んでも、めげずに探索です。
転倒した右カーブのあとは、

10

左カーブ。

11

カーブを過ぎて、左下に登ってきた路を臨みます。

その後は、

12

緩やかな登り坂を進んで、

13

別林道に合流。

合流地点から右は、

14

登り勾配。

一方の左は、

15

下り勾配。

まずは右の登りを進んでいくと、

16

倒木で通行不可。

この倒木を超えると、

9

前回レポートした分岐しているダートに接続します。
*写真の左側ダートが、倒木ルート。

今度は、

17

一旦合流地点に戻り、そこから下り方面に進みます。

18

なだらかな下り勾配のダート。
意外と走り易いと思っていると、

19

ちぃーと、路面が荒れてきます。
なにやら廃道の様相ですね。

20

道中、意味ありげに路面を横断している落枝。

21

ちょっと不釣り合いな、人工的な法面を過ぎると、

22

一面緑一色。
通行する車輛は一年に一台程度?

下り勾配はすこしずつ弱くなり、

23

里山近くのダートの様子へ。

24

かわいい切り通しを抜けていくと、

25

路面が鋪装に変わります。

ちょっと荒れた舗装路を下っていくと、

26

いきなり森から抜け出します。

27

進行方向の逆から撮影。

道すがら、林道標示を探しましたが
見つかりませんでした。

 

 

施業道 硯水線&不明林道 約11km
NHK中継所まで、快適な未舗装路が続く、名称不明のダート。
途中の分岐で下ると、県道263号線近くの集落に抜けられ、
中継所手前の分岐を下ると、
春野町の「はるのクリーンセンター」横から入る、
施業道 硯水線」と接続(推測)。
すべて乗り継ぐと、10km超えのロングダートに。

春野町にある、
入地山やポンジ山、金剛沢等へ至る長距離林道は、
ほぼ全てゲート封鎖されている現在、
そこまで山奥に行かなくても、十分楽しめる
ダートは貴重な存在かもしれませんね。

次回は、今回紹介した林道出口からほど近い場所にある、
林道 長蔵寺線」をレポートします。

それでは、今回もお疲れさまでした。