トラブル続きの初ダート!・Kawasaki KMX125


曇りがちの日曜。

浜松祭りの準備で盛り上がっている隣り近所を
尻目に、Kawasaki KMX125を
ダートに持ち込むことにした。

久しぶりに着込む、オフロードプロテクターの
感触を確かめながら、KMX125を引っ張りだす。

ガソリンコックを”ON”にして、
チョークを引かずに、キックを数回下ろすと、
威勢のいい、2ストロークの排気音が住宅地にこだました。

最近の寒の戻りで、すっかり冬気分になっていたが、
外に出ると、案外暖かい。

エンデューロジャケットの下に着込んだシャツを脱ぎ、
防寒手袋をほうりなげて、オフロード用グローブに変える。

今日は、KMX125の初陣に相応しい、
荒れたルートを予定していたが、ちょっと思うところがあり、
フラット林道に変更した。

水温計がすこし動き始めた。

さぁ、行こうか。。。

サイドスタンドを外し、SL230よりもシート高が高い、
KMX125のシートにまたがり、シフトペダルを1速に入れる。

クラッチペダルを優しく繋いで、アクセルを軽く捻って、
初めてのダートに向かった。。。

一つ目の林道に向かう途中のコンビニで、
昼食を買う。

買い物を終えて、エンジンをかけようと思ったら、

1

冷却水が漏れて地面に染みを作っていた。

漏れた付近を調べてみると、

2

ラジエター上部に穴が空いていた。。。
通りで水温がオーバーヒート気味なわけだ。

この時は漏れている程度だと思い、
そのままダートに向かうことにしたが、
キックを何十回としても、
エンジンが掛かる気配がない。

せめて、一本だけでも林道を走りたい一心で、
キック、キック、キック、、、、掛からん。。。
半ば諦めていたら、ようやくエンジンが掛かった。

今日はちょっと軽めにしておこう。

水温計を睨みながら、まず一つ目の林道、

3

観音山1号線」の県道との分岐に到着。

初ダートに昂る気持ちを抑えながら、

4

フロントタイヤの空気圧を下げる。
「ブリジストン ED003」はTTRさんからの頂きもの。
*ありがとうございました。

リアタイヤは、

5

まだまだ使える、ミシュラン AC10。

フロント、リアともにビートストッパーを
装着していないので、空気圧はそれぞれ1kに設定。

しかし、例のラジエターの穴からは、

6

冷却水が常時漏れている。

おまけに、

7

キャブがオーバーフローしてガソリンも漏れている。

しかし、ダートを目の前にして、
みすみす引き返すなんてことは、
まだそこまで丸くなっていない自分には無理。

玉砕気分でこのまま続けることにしたが、

8

ここでも、
何回キックしてもエンジンがまったく掛からない。

カブリ気味なのだろうか。

鬼の形相で何度もキックをし、

9

ようやくエンジンが掛かっても、この白煙。

やはり、まだダートはこいつには早かったのか。。。

そんな思いを抱きながら、

11

KMX125で初めてのダートを、サスペンションやエンジン、
その他一挙手一投足、感じるように走る。

SL230では何度も走っている林道が、
なにか違うように見えた。

10

いろんな発見をしつつ、
富士見広場へ到着した。

漏れだした冷却水で、

12

エンジンは汚れ、
何故か、

13

チェーンガードを留めているボルトが一つ
消えていた。。。

そんな細かいことには気にせず、
そそくさと休憩を終えて、すぐにダートへ戻る。

14

今日は珍しく、同業者にたくさん出会った。

15

林道 前の山線」を走ったあと、

16

林道 神沢線」に入るが、

17

水温計がオーバーヒートしそうな領域に入り、
急遽路肩に待避。

ディパックからハイドレーション用の水を取り出し、
ラジエターに継ぎ足すも、これ以上は危険と判断し、
引き返すことに。

自宅に戻る途中も、なんどもオーバーヒートしそうになり、
その度に路肩に停めて、クールダウン。

信号待ちでふと足下をみたら、
冷却水がだだ漏れで、隣りの車線の運転手がガン見。

ラジエターをよくみたら、例の穴から、
冷却水が噴水のように吹き出していた。。。

<<Kawasaki KMX125:初ダート初インプレッション>>
全てにおいて、
SL230との比較になりますが、
まず、ボディというかフレームがしっかりしている感じを
受けました。

SL230でダートを或る程度の速度で走ると、捩れる感覚が
あるのですが、それが皆無でした。

エンジンは、排気量故に、低速はあまりありませんが、
7000rpmを超えてから、ものすごく元気になります。
車で言うと、ターボが掛かったように、エンジンが廻ります。
このパワーバンドの中でうまく走れれば、相当気持ちが良い
でしょう。
2ストが辞められない人の気持ちが分かりました(笑)

ブレーキは、車体が軽いからか、リアがすぐにロックしました。
フロントはそれに比べ、若干効きが弱い感じです。
でもまぁ、自分の走る速度域では、そんなに問題なさそうです。

サスペンションは前後ダンパーが抜けている感じがしますが、
それでもSL230と比べると雲泥の差で、走り易いです。

コーナリングは、車体が軽いこともあっても、
しっかり荷重移動しないと、うまく曲がってくれません。
ダンパーが抜けているのも関係してると思います。

燃費。
約90km走って、給油が約6Lなので、
約15km/Lになります。
SL230の半分以下なので、遠出の林道探索時は、
サブタンクを用意しておいた方が良さそう。

総じて、
冷却関連の問題さえ解決出来れば、
かなり愉しく走れそうです。

SL230とは、エンジンからして、
趣が異なるバイクなので、
その日の気分で乗り換えてみるのも
いいかと思っています。

18

※画像クリックで、KMX125初ダート走行の映像へ。

広告

「トラブル続きの初ダート!・Kawasaki KMX125」への4件のフィードバック

  1. ご機嫌で走ってますね(^o^)
    タイヤも喜んでいることでしょう。
    2ストDT125あたり探してみようかしら!?

    1. >TTRさん

      コメント&タイヤお裾分け、ありがとうございました!!m(_ _)m
      淡々とした感じの文章で記事をアップしましたが、
      実は、かなり興奮しました(笑)
      走るスピードは遅いですが、とにかく面白いの一言です。
      是非、DT入手して、”オヤジ2スト部”を発足させましょう(^_^)/

  2. ラジエーター穴あき程度であれば、ラジエーター屋でロウ付け修理してくれますよ。
    再始動難はキャブオーバーフローでクランクケース内にガソリンがダバダバ入っちゃってるんでしょうね。

    余談ですが、私もマシン乗り換えました。セロー225+トラタイヤ装着で各部品取外しで10kgダイエットしました。
    トランポも確保したので、ノンビリ&楽チン林道ハイキング仕様です。

    1. >versatility_garageさん

      コメントありがとうございます。

      ラジエターは穴がところどころ開いてるようなので、
      修理せずに中古で程度の良いのを探そうかと
      思っています。
      再始動が難しい原因は、やはりキャブレターですよね。
      時間を見つけて、取り外してフロートあたりを見てみます。

      セロー225&トラタイヤ&トランポだなんて、
      なんて楽しそうな組み合わせでしょう!
      是非、機会があればご一緒しましょう。
      ちなみに、私は”乗り換え”ではありません(笑)
      気持ちはかなりKMXに行っちゃってますが(^^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中