リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – 準備編①


SL230で初めて出場し、惨敗した、
先日のエンデューロレース

1

SL230は山道トレッキング等では
とっても頼もしい優等生なんですが、
如何せん、
或る程度のスピードを要求される
エンデューロレース(の一部)となると、
その良さが逆にネックとなってしまいました。

とくに、サスペンションのストロークの無さは、
路面の凹凸ひとつひとつに反応してしまい、
乗り手の体力(腕力)をみるみる奪っていく
結果に・・・。(自分の技量不足も多分に)

また、トレッキング時には乗り手を助けてくれる、
車重や低速トルクも、それ以上の速度域で走ることが
難しくしている面も。。。

とまぁ、ぐたぐた書いても仕方ないのですが、
簡潔に言って、
SL230でエンデューロレースは厳しいので、
KMX125で次回のレースは出てみようと思いたったのです。

で、早速、レースに向けていろいろと整備を行います。
今回は二日間に渡っての作業です。
まずは、以前頓挫した、フロントショックのオイル交換。

2

こんな感じでトップ部のCリングを外して中身を出すと、

3

片方のダンパーは奇麗なイチゴ色のオイルだったのですが、
もう片方は、ヘドロの様な強烈な匂いと劣化したオイル
まみれでした。

オイルが抜け切る間に、

4

ワイヤーの洗浄とグリスアップと、
CYCRAのオープンタイプのハンドガードを装着。

この日は午後遅くから作業を開始したので、
すぐ日が暮れてしまい、

5

野宿をやられている方のところへご挨拶。
美味しい料理とパワーを頂き、

6

翌日朝から作業再開!!
バイクに装着されているフロントアクスルシャフトは、KMX125の最終型。
手にもっているのは、元々付いていたもの。

このシャフトを付けて、

7

フロントディスクガードを装着します。
ちなみにこれは某オークションで格安で入手した、
KMXオリジナル物。

ホイールには、穴を開けてリムロックを装着し、
SL230で履いていた、VeeRubberのエンデューロタイヤを
嵌め替えました。
なんかいい感じになってきましたね(^^)

次は、先日の山道走行で、

9

ぐにゃりと曲がってしまったステップ。
治そうと思えば治せそうですが、
元々貧弱なステップで、スタンディングでの
安定感なんて、ほとんどなかったので、

8

ワイドステップへ交換します。

もちろん?流用部品なので、
付くかどうか現物合わせしてみないと
分かりません。

恐る恐る付けてみると、

10

おぉ!!ちゃんと付いてる!!

といっても、実は微妙に内寸が小さく、
ワッシャーを一枚噛ませて嵌めています。
*リターンスプリングはそのまま使用可。

一応装着できますが、

11

問題も少なからず。。。。

ま、細かい事を気にしてても仕方ないので、
今回の整備の一番の目的、

12

オーバーヒート癖を治すため、
サーモスタットを交換します。
ラジエター後ろには、今後の事を考えて、
PCファンの設置も控えてます(^^;

クーラントを抜いて、
冷却ラインをごっそり洗浄したあと、

13

シリンダーヘッド上部に付いている、
サーモスタットを外します。

14

左が装着されていたもの。
右が新品です。
古いものは汚れてはいるけど、破損等はなさそうなんですが。

取り替えて、クーラントを入れてエア抜きしたあと、
軽く近所を走りましたが、水温は半分以下。
効果があったのかなかったのか、
走行時間が少ないので微妙です。
来週、走行試験してみましょう。

リアホイールもリムロックを装着し、
エンデューロタイヤを嵌め変えて、
KMX125の整備は終了!

その後は、

15

レースで疲れたSL230を労います。
1速だけでかなり走ったけど、
オイルはそんなに劣化してませんね。

折れてしまったクラッチレバーも、

16

新品にしてあげます。
今度折れたら、ピボットレバーかなぁ。

ということで、整備漬けの週末でしたが、
月末開催のエンデューロレース。
KMXでどれだけ走れるか、今からとっても楽しみです。

広告

“リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – 準備編①” への 7 件のフィードバック

  1. 「流用部品探し他 – KMX125&KLE500」も読ませて貰っていました。オークションか海外リプレイス品を買う方法がよさそうですね。
    オークションだと物はあるのですが状態が写真から分からないもので、リプレイス品だと届くのに1カ月以上かかるようなので、もし流用出来たらなと思ってお聞きしました。
    情報を教えて頂き本当にありがとうございます!

    実はKLX250を新車で買いまして乗り始めの頃近場の林道を少し走ってみたのですが、丸太で後輪を滑らせて乗っかったり、下り坂の方へバイクを倒したりと心臓バクバクになりながら一人で抜け出した経験がありまして、危険さは知っているつもりです(汗
    136kgと重く、タイヤも純正のままでしたので、軽くて練習が出来るバイクが欲しいと父に相談しKMX125の購入に至りました。
    気を付けて、楽しく乗りたいと思います!

    1. >匿名さん

      こんばんわ。
      今後もKMXを乗り続けるのであれば、
      フロントレバー周辺をごっそり、
      高年式の他の機種か何かに変更された方が、
      後々部品供給が楽かも知れません。

      丸太で滑ったり、乗っかったり、もちろん転倒も、
      私は日常茶飯事ですよ。
      とにかく、?となったらバイクを降りて、
      先を確認すれば、余程のことがない限り、
      大丈夫かと思います。
      林道、公道では無事に帰還するのが
      なにより一番ですからね。
      気をつけて、楽しんでください♪

      1. あつしさんこんばんは。kmx125は費用や今後を考えてハンドル周りはKDXの物を流用することにしました。
        オークションで必死になって競り落としています(笑

        はい!ご安全に精神を忘れずに走ろうと思います!

  2. 初めまして。
    KMX125で検索してたどり着きました。
    突然で申し訳ないのですが、
    交換されたKMX125のクラッチレバーは純正のものでしょうか?
    購入したKMX125のレバーが曲がっておりまして、
    流用できる他車種のレバーを探していまして…。
    もし他車種のものを流用されていたら教えて頂けないでしょうか。

    林道ツーリングが好きなので
    最近の林道を走っているページを
    見させて頂きましたが、いい道がありますね。
    最近始めたばかりで友人もおらず、
    無理な場所には絶対に入らないスタンスで走っていますが
    なかなかいい道が見つかりません。
    私も練習してあつしさんのように
    探索出来たらなー!と思いました。

    1. >匿名さん

      初めまして♪
      KMX125の流用パーツについては、
      以前、「流用部品探し他 – KMX125&KLE500
      に書かせてもらいました。ただ、
      レバーについては、結局試すことはなく
      手放してしまったので、KDX125SRのレバーが
      問題なく装着できるかどうか正直わかりません。
      *レバーを握らないとエンジンがかからない
      接触端子の形状も合うかどうか。。。

      新品純正品は既に廃番ですが、
      海外だとまだリプレイス品が安く出回っているので、
      それを購入するか、オークションで気長に待つか、
      ぐらいしか入手する方法はないかも知れません。
      あまり力にならず、申し訳ありません、、。

      ソロでの林道ツーリングは、
      ある意味、臆病じゃないと、危険かも知れません。
      先が分からない、荒れて勾配のある下り道は
      特に進入しないほうがいいかと思います♪
      気をつけて、楽しんでください!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中