流用部品探し他 – KMX125&KLE500


SL230は、
フロント、リアホイール等の純正品の流用は、
或る程度分かり、
また、社外品パーツもまだ購入出来る状態に
ありますが、KMX125そしてKLE500については、
社外品はもとより、純正品の流用について、
ネット上にほとんど情報がありません。

KMX125が現役で走っていた頃はまだ今のように
ネット社会が確率されていなかったのが原因でしょう。

KLE500については、流通している台数が限られているので、
おのずと情報も少ないのでしょう。

なので、
自分のための備忘録も兼ねて、
現在分かっている段階での流用部品情報をまとめてみました。

●KMX125
1、フロント&リアホイール
1

アクスルシャフト径がKMX125はφ15なので、
KDXやKLX等のホイールをポン付けで履くことが出来ません。
アクスルシャフト径を変えることは一応可能ですが、
そこまでやるのなら、他のバイクを手に入れた方がよさそう。

2、フロントブレーキキャリパー
2

林道をとことこ走る分にはそんなに問題ありませんが、
ちょっと気合いを入れた走りをすると、
フロントのブレーキの効きの弱さに驚かされます。

純正の1podキャリパーから、
KX85、スーパーシェルパ用の2podキャリパーへ交換することで、
制動力がかなりアップするようです。
*ローターとパッドの当たり面に少々問題があるようですが、
下記のローターに交換することで解決できるかも。

3

取付は無加工のボルトオンの様子なので、時期を見て実践予定です。

3、フロントブレーキディスク
5

純正品は既に在庫がなく、社外品も対応しているものは
ありません。
とある情報によると、D-トラッカーのディスクが
ボルトオンで装着可能らしい。
D-トラッカー以外のkawasakiオフ車のディスクも
流用可能との話もあり、これもいずれ実践予定。

4、フロントフォーク
6

KMX200のものがトップブリッジからごっそり交換可能らしい。
また、片側だけにしかないダンパーも両側に入れることで、
路面からのダンピングが抑えられる様子。

5、リアサスペンション
7

KMX200及びKMX125の最終型は、別体式リザーバー付きのダンパー。
私のはA2型なので、リザーバー無しタイプ。

なので、
KMX200かKMX125の最終型のダンパーに交換すれば、
かなりよくなるはず。*いずれも純正品在庫無し

6、ワイドステップ
8

SUZUKI RM85やDR-Z125Lの純正ステップが装着可能とのこと。
試しに、RM85用の社外ワイドステップを装着してみたが、
ほぼポン付けでした。

7、レバー類
9

KDX125SR、KLR110、KSR50、KSR80のものが取付可能らしいが、
品番から検索して、KDX125SRのものが一番可能性が高そう。
これまた、近々実践予定。

●KLE500
このバイクは、あまりいろいろ変えたくないので、
ハンドガード、ステップ、レバー、エンジンガードの
交換、装着程度に留めておきたいです。

1、ワイドステップ
びっくりしたのだが、純正品はエストレア(2013)と品番が一緒。
SW-motecの社外品は、HONDA トランザルプ700にも対応している。
どちらのバイクも社外品のワイドステップがほとんどないので、
他のバイクで流用できないか、現在も調査中。
※KMX125と同じく、RM85、スーパーシェルパ等のステップが流用可能!

2、レバー類
純正品はブレーキ、クラッチともに、Kawasaki ZRX-2と同じもの。
よって、ZRX-2用の社外品レバーが装着可能。

と、ざぁーと書き出してみましたが、
他にもこの車種のこの部品が使えるよ♪
みたいな情報があれば、是非是非教えてくださいね。

<<MOTOROLA PHOTONの改悪改造?>>
10

バイクに乗ってるから、”MOTO”ROLAを使ってる、
というわけではないですが、
自宅療養中で時間が余っているので、
伸ばし伸ばしになっていた、AUのスマートフォン、
MOTOROLA PHOTONで、格安データ通信のbmobileのSIMを
使えるようにしました。

といっても、その道中は紆余曲折でした。

バックアップをとらずに
ルート化し、AUのROMのまま、ファイルを修正してしまい、
起動しなくなってしまいました。

幸いに起動画面までは動いたので、

11

bootloaderをunlockにして、CWM(CrockWorkMod)を導入。

12

カスタムROM(CM7.2)を入れて、なんとか起動。
画像データもしっかり残っていて、助かりました。

次に、

13

bmobileのSIMが使えるように設定を変えます。

最後に、
このままだと、アンテナのピクトアイコンが圏外のままになり、
スタンバイ状態で絶えず電波を探しにいってしまうため、
極端に電池の持ちが悪くなってしまいます。

なので、ちょっといじくって、

14

アンテナが立つようになりました。
これでPHOTONの改良作業終了!!

もう二度と、AUの画面には出会えなくなりましたが、
これで、林道探索や長距離ツーリング時にナビや地図を
リアルタイムで、尚かつ¥980円/月の使い放題で
使用出来るようになりました。
*今まではローカルに保存したデータを呼び出してました。

本当に便利な世の中になりましたねぇ〜。

!!スマートフォンのカスタムは自己責任で行ってください!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中