リベンジ!?KMX125エンデューロレース参戦記 – 準備編④


どうやら昨夜未明に、コース図が密かにアップされたらしい。
同時に”公式通知”と言われる、レースに当たっての注意点等も
併記されていたのだが、その内容を見て驚愕し、すこし憤りを感じた。

JNCCの本大会でいつも行われている、
前日の試乗会実戦的下見ツアー前日受付
レース会場が土曜も営業しているため実施されないとのこと。

実は密かに楽しみにしていた「試乗会」が行われないのは非常に残念。
いや、行われないのが事前に分かっていたはずなのに、
申し込み以前にアナウンスがなかったのは問題だと思うのだが。。。

閑話休題

様々な感情が高まるなか、装備のチェックに。
鈴蘭の前に個人輸入で入手した、

1

ACERBISのXMOVEブーツ。
バックルのネジが一つどこかに飛んでいったので、

2

ホムセンで購入したネジをネジ込む(^^;

3

このブーツは、踝にあるネジ(外、内)が上下左右に動くので、
”X MOVE”という名前らしい。

4

ソールはビブラムのMXソール。

性能云々より、デザインと値段で購入したのだが、
ブーツの先端が尖っていて、周囲から見ると怖いらしい。

5

ちなみに、メーカーはイタリアだが、製造は中国で、

6

部品にはしっかり中国語が刻まれている。

次はゴーグル。
前回鈴蘭で走ったときに、
ロールオフスクリーンを装着していたライダーがそこそこいた。

週末の天気は良さそうだが、それまでの降雨で、
レース終盤にはドロドロになりそうなので、
今回、初めてロールオフを取り付けることにした。

7

レンズの両端にある、この部品を取り外して、
システムを装着。

手持ちのゴーグルはスミスとスコットだが、
スミスのゴーグルには標準でロールオフシステムが付属していた。
*付属しないゴーグルもあるよう。

8

装着されたロールオフスクリーン。
写真左のケースに収められているのは、
ロール状のプラスティックフィルム。

汚れて前が見えなくなってきたら、

9

このノブを引っ張って汚れたフィルムを巻き取るようだ。
今回初めて使うので、使い勝手等、検証してみたい。

ちなみにスコットにもロールオフを取り付けられる穴が
空いているのだが、

10

ピッチが違うため、スミスのものは
取付けできなかった。。。まぁ、そりゃそうだ。

その他のウェアとプロテクターは前回鈴蘭を走ったときと
同じ格好の予定。

最後に、
今回、タープとテーブルと椅子はTTRさんがご用意してくれるので、
当日深夜に現地入りしての仮眠用に、
ひさしぶりの出番のコットと夏用シェラフを取り出した。

11

コットは安物だけど、無いよりましかな。

12

シェラフもISUKAの廉価品。

残りの細々したものは、出発当日までに準備予定。
あ、ヘルメットとバイクの鍵は絶対忘れないようにしなきゃ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中