改・林道キャンプツーリングの装備


来週は埼玉・長野方面の林道をごっそり走る、
キャンプツーリングの予定。

当初、KLE500を予定していましたが、
リアタイヤのミシュランT63が
現在どこも在庫切れで入荷未定状態。
ということで、
今回はSL230で、林道を目一杯楽しんじゃいます!!

ただ、”楽しく走る”という点で、
バイクのキャリアに荷物をくくり付ける方法は一番簡単ですが、
後ろに積んだ荷物の重さで、
ハンドリングや挙動が変わってしまうのはいただけません。

2

前回のキャンプツーリングも、そのせいで、
あまり気持ちよく走れなかった思い出があります。

ということで、今回は、
バイクに積載する荷物の量、いや、荷物自体も極力減らして、
重量がバイクの中心にある、バックパックスタイルで行こうかと思います。

幸い手元にオスプレーの70Lのバックパックがあったので、
試しに荷物を積めてみます。

1

詰め込んだのは、
・ソロ用テント&フットプリント
・タープ&ポール ※重量増のため、却下
・夏用シェラフ、エアマット、エア枕
・サニタリー関係
・ミニテーブル、マキネッタ、炊事道具一式
・焚き火セット
・レトルト食品
・LEDランタン&ヘッドライト
・カメラ、充電バッテリー、電源ケーブル等
等々。

これに少しの着替えと半ズボンとサンダルを装備。

当たり前ですが、
「重量」と「キャンプでの快適性」は比例してしまうので、
その兼ね合いが難しいですね。

一方のバイクには、
・椅子
・整備道具一式
・雨具
だけにして、
なるべくバイクの後ろ側に積み込むようにしました。

3

乗車時に背中にしょったバックパックの底の部分を
バイクのシートの上に乗っけるのと、
スタンディングしたときに、
体を前後に動かし易いようにするのが目的です。

ということで、
荷物を背負って、どんな感じかテスト走行してみます。
あ、もちろん、
リアタイヤはIRC GP-210から、ミシュランのT63に替えました(^^;

4
※写真は、憂 礼さん提供。

バイクに跨がった状態で、
バックパックの底がシートの上に乗っているのが分かりますね。
※キャリアの荷物は今回外してテストしています。

肩に掛かる重さは、このおかげで大分軽減できますし、
重量物がライダーとほぼ同じ位置にあるので、
ライディングにそんなに影響がありませんでした。

テストに使ったバックパック、「オスプレー イーサー70」は、
元々登山用のバックパックで、アルミフレームが入っていて、
非常に頑丈。
肩、腰の各ストラップでバランスよく荷重が分配されているので、
スタンディングでの走行もそんなに違和感なく出来ました。

次に、
私も見落としていたポイントですが、バックパックの上部。

6

写真で見ると分かるように、
ヘルメットとバック上部のクリアランスが絶妙です。
これ以上、容量が大きいバックパックだと、
ヘルメットにあたって、首の動きが制限されてしまいます。

ライダーの座高にもよりますが、座高は少ない人(足が長い人?)は、
バックの選択には注意した方がいいかも。
まぁ、ネックブレース付けていると思えば、
そんなに気にする必要もないかも知れませんが。

あとは、ライダー+荷物の重さで、リアがフルボトムっぽい感じに
なっているので、プリロードを締めた方がよさそうかも。
チェーンも張り過ぎないようにしなきゃ。

来週が楽しみですね。

あ、クラッチワイヤー、注文しなきゃ!

5

運がいい!?


今日も春野の山へ探索に向かいます。

昼飯を買ってローソンから出てきたら、
どこかでゴロゴロ鳴ってる??

龍山方面を見上げてみると、

1

うわぁ、空が真っ黒、こりゃヤバい。

おにぎり買っちゃったので、
とりあえず、R152を北に進んでいったら、

2

案の定、土砂降り。。。

3

飛び込んだ道の駅はまさに避難小屋の様相。

ハーレーのご一行様はしらびそ高原に行くんだとか。

それにしても、
天気予報は晴れになってたんだけどなぁ、と、
ブツブツ言いながら30分程待っていたら、雨脚が弱ってきた。

居ても立っても居られず、

0-1

本日第一の目的地へ。

道中、SLの調子がなんかよくない。
でも気にせず?早速突っ込みます!

が、

リアタイヤを来週のキャンプツーリングに合わせて、
IRC GP-210に変えていたのを忘れてました。

3

さっきまでの雨でヌルヌルになった、
こんなちっぽけな倒木(小枝?)が超えられず、探索断念。。。

今日はもうちょっと軽めの探索にしようかなぁ、と
次の目的地に向かっている最中、ついにSL君が行き倒れ。。。
以前、発症した、「アクセル捻るとエンストしちゃう病」が再発です。
来週のこともあり、ここで無念の帰還。

今日はついてないなぁ。。。

帰宅してみると、
浜松市街は朝から雨の一粒も降ってなかったとのこと。
まったく。。。

ま、ウダウダ言ってもしょうがないので、
早速キャブをバラして、掃除します。

4

外観はそれなりに汚れていましたが、

5

中は意外と奇麗。

とりあえず、キャブクリーナーをという穴に突っ込んで
ぶっかけて、なんちゃってオーバーホール終了。

外したプラグは真っ白で、ガスがかなり薄くなっていて、
原因はキャブレターというより、
エアクリーナーボックスとキャブを繋ぐパイプが一部外れて、

6

そこからエアーを吸っていた感じ。

キャブをバラしたついでに、スロットルケーブルに給油して、

7

エンジンオイルも交換。
汚れたブレーキフルードも交換して、
エンジンを掛けてみたら、
アイドリングもフケ上がりもいい感じ♪

さぁ、これで明日仕切り直しだ!!

でもその前に、念のため、バイクをぐるーと廻って、
なにげなく、クラッチケーブルを見てみたら、

8

ささくれて、ちょっとヤバい状態。。。

もしこのまま走っていたら、山の中で切れてしまい、
クラッチレスの鈴蘭の二の舞だったかも。。。

う〜ん、ってことは、今日は”ついてる日”だったのかな?

春野町・景色爽快!分岐枝道迷走ダート – 樽山線③


林道 樽山線」探索のパート3。

前回、迷走しながらたどり着いた、

26

この分岐を直進します。

28

分岐からは道幅が広くなり、暫く走って、

29

舗装路へ。

31

一面茶畑で、素晴らしい景色が目の前に。

遠くの山々を眺めながら一服したあと、
さっきの分岐にもどり、

1

今度は右に進みます。
※直進以前は前回のレポートを。

右に進むと、

2

なかなか味のある雰囲気の森の中へ。

すこし走ると、

3

見えずらいですが、左に下る分岐。

ここは、渓流沿いを暫く走って行き止まりなので、
そのまま直進します。

分岐からほどなくして、

4

悩ましい分岐路。

右に進みましたが、肥料置き場ですぐに行き止まりでしたので、
ここも、左の本線に進みます。

5

ちょっとした伐採地になり、倒木がダートを横断しています。
※2013.7月中現在、撤去されてました。

伐採地を右に見ながら進んでいくと、

6

林道らしい?路面になってきます。

7

見えにくいですが、左の分岐がありますが、もう迷いません!
本線をまっしぐらに進みます。

8

作業路なのか、林道なのか分かりませんが、
走り易い路面です。
ブラインドコーナーが多いので、キープレフトで!

路面はいいのですが、

9

最近探索している水窪と一緒で、ここも脆い土質なのか、
法面からの落石が多々あります。
写真のようなかわいい緑のネットがありますが、
そこから溢れている岩、石が既に路面側に浸食していて、
廃道になるのも時間の問題?

そんなことを考えながら走っていくと、

10

これまた分かりづらいですが、T字路分岐へ遭遇。

右はかなり狭い感じなので、ここも本線っぽい、

11

左に曲がって更に進むと、

12

出ました!また分岐。

轍の跡は左の方が濃いですが、ここは真っすぐいっちゃいます。

13

周囲の木々がすこしまばらになってきて、

14

そんなに古くなさそうなお堂の前に出てきます。

で、お堂の前で、

15

ダートはまた二手に分かれます。

分岐には、

16

案内板が。
「近道コース」と「ゆっくりコース」?
ハイキングルート??すいません、よく分かりません。

さて、ここで左に行くと、森の中で彷徨いそうなので、
右に進んでいくと、

17

おぉ!舗装路にやっと合流です!
でも、合流手前にも左に分かれているダートが(^^;

合流した舗装路は、

18

林道 春野中央線」(全線舗装)で、
さっきのお堂は「千手堂」というみたい。

ブレーキペダルのネジが何故か外れて?しまったので、
ここでピットイン&一服タイム♪

一服後、

19

「千手堂」前で分かれていた道は、

20

ぐるっーと廻って、「千手堂」に至る前の分岐に出てきました。


 
林道 樽山線 約10km〜(支線含め)
県道263号と鋪装林道 春野中央線を結ぶ、フラットダートで
爽快な森の中を走る、快適林道。

その”表”の顔の裏には、
枝道、脇道だらけのダート天国?地獄?が存在し、
進む者を森の中に彷徨わせる恐ろしい面が。

とはいえ、酷いガレ道や荒れている路面もないので、
思うままに分岐を進んでみるのも、面白いかも。
私もすべての分岐を探索したわけではなので、
もしかしたら、すごい発見があるかも!?

それでは、
今回もお疲れさまでした。

浜松山道ツーリング


今日は、いつもお世話になっている「川憎さん」が企画された、
山道ツーリングに参加しました。

そこそこ激しいところらしいのですが、
時間がなく、リアタイヤはミシュランT63のままで参加。

集合場所に着くと、なんと、

0

みなさんトランポです。

え?そんなに激しいの?

集合場所からすぐにアタックは始まります。

1

体がまだ暖まってないので、こんな簡単そうなところでも
四苦八苦。。。

2

体がついていかず、過呼吸気味になり、
1時間もしないうちにバテバテ。

ほどほどのヒルクライムが登りきれず、

3

バイクが滑って木に当たり、
リアのテールライトが壊れてしまいました。

その後も何度もスタックしてしまい、

4

何度もお二人に助けられて
第一ステージを終える頃には、
全身、汗でびしょ濡れ。

さすがに、T63じゃ、
フォロー無しでクリアするのは私の腕では無理でした。
なめてました、反省します。。。

ちなみにお二人は、
筆おろしの、

6

ミシュラン AC10と、これまたほぼ新品の、

5

IRC ツーリスト。
次回は禁断?のトラタイヤ??

7

一服して、過呼吸も収まったところで、
第二ステージに移ります。

尾根沿いの、

8

気持ちのよいルートなんですが、
高低差がかなりあり、

9

ダウンヒル、

10

ヒルクライムの連続。

路面が粘土質ではないので、意外とグリップしたのですが、
私はV字クレパスで嵌ってしまい、

12

またまたお二人にフォローしてもらいます。

ほどなくして、
先頭を行く幹事さんが

”今日はここまで!!”

え?

聞けば、このルート最大の難所らしく、
トライアルバイクでないと厳しいらしい。

11

写真だとそうでもなさそうですが、
実際はかなりの落差で、ところどころ木の根があり、
下ったはいいが、その先でもし何かあったら、
我々のバイクでは登って戻ることは出来ないとのこと。

幹事さんの言うことには逆らえませんので、
ここでUターンして、

13

ヒルクライムを楽しんだあと、

14

ランチタイムとなりました。

午後からの第三ステージは、
以前に連れていってもらった別のお山。

二度目だから楽勝かな?
と油断していたら、倒木に当たってしまい、

15

チェーンが外れてしまいました。。。
油断禁物です。

最終ステージは、
つづらおれの

17

激下り。

疲労が溜まったTTRさんも、

20

私も、

18

何度か転びながら、

19

やっと里が見えてきて、
本日の山行終了!!

この後、何度も足をつりながらの帰路になったのは、
言うまでもありません(笑)
楽しかったけど、とっても疲れました。

詳しい場所は教えられないのですが、
浜松市内にこんな楽しい道があったなんて。
奥が深いですね、浜松林道。

みなさん、お疲れさまでした。
そして、幹事さん、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします!!